7月3日から九州を中心に、日本列島の広い範囲にわたって猛威を振るった「令和2年7月豪雨」。洪水被害や土砂災害による死者67人、行方不明者13人……。

国土交通省によると、豪雨によって河川の堤防が決壊したり、氾濫したのは九州全県と岐阜、徳島、高知、愛媛県の102河川、117カ所にも及んだ(11日11時現在)。

今回とくに大きな被害を出した熊本県人吉市では、中心部を流れる球磨川の水位が過去最高の7.25mにも達した。この水位は、'65年の水害時で、観測史上最高を記録した5.05mの1.4倍の数値だ。

実は全国の河川における「氾濫危険水位」超過件数は、年々増え続けている。'14年に83件だった水位超過が、'18年には474件となり、4年間で5.7倍も増加するという、まさに異常事態なのだ。

「気候変動が豪雨増加の原因だと思います。今回、大分県日田市、熊本県山鹿市、福岡県大牟田市などで、48時間の積算降水量が観測史上1位を更新しました。今後も爆弾低気圧や台風の巨大化により、これまでの治水対策だけでは河川の氾濫による洪水被害を受ける可能性は十分にあります」

こう警鐘を鳴らすのは、さまざまな災害データを基に、地震、津波、洪水などのリスク分析を行う、災害危機コンサルタントの堀越謙一さん。

昨年10月、東日本を襲った台風19号の豪雨によって、140カ所の堤防が決壊するなど、関東、東北を中心に多くの河川が氾濫したことは、まだ記憶に新しい。台風19号の直後、本誌は堀越さんの協力のもと、全国の「氾濫危険河川」をリストアップした。

今回の豪雨で氾濫した、福岡県の筑後川は、その中の1つだった。“スーパー豪雨”が、続々来襲するようになった日本。今後危ない河川、水害危険エリアはどこか? 堀越さんに再度「氾濫危険河川」を検証してもらった。

「今回は、降水量の多い地域を中心に、前回と同じく河川の形状、高さ、勾配、支川の数などの特徴を比較しながら、分析しました。これらを国土交通省や自治体のハザードマップと照らし合わせて、危険な河川と水害リスクの高いエリア20カ所を絞り込みました」

【1】北海道 十勝川・利別川 池田町周辺 【2】北海道 石狩川 札幌市周辺 【3】岩手県 北上川 盛岡市周辺 【4】宮城県 鳴瀬川・吉田川 東松島市周辺 【5】宮城県 名取川・広瀬川 仙台市周辺 【6】茨城県 那珂川 水戸市周辺 【7】埼玉県 利根川・渡良瀬川 加須市周辺 【8】東京都 多摩川 調布市周辺 【9】富山県 常願寺川 富山市周辺 【10】静岡県 安倍川 静岡市周辺 【11】福井県 九頭竜川 福井市周辺 【12】愛知県 矢作川 碧南市、岡崎市周辺 【13】愛知県 庄内川 名古屋市北部周辺 【14】京都府 由良川 福知山市、綾部市周辺 【15】大阪府 淀川 大阪市・兵庫県(尼崎市)など 【16】島根県 斐伊川 出雲市周辺 【17】広島県 太田川 広島市周辺 【18】徳島県 吉野川 徳島市周辺 【19】愛媛県 肱川 大洲市周辺 【20】長崎県 本明川 諫早市周辺

分析の結果、河川の氾濫によって、浸水、洪水などの被害を受ける危険性が高いエリアの多くは、やはり本川と支川の合流点に集中。さらに、“海抜ゼロ”地帯が広がる平野部、無堤防区間が長いエリアなどがリストアップされた。

MAP以外の河川でも堀越さんが豪雨による氾濫の危険性があると指摘したのが、静岡県の狩野川。

「狩野川は天城山系から伊豆半島の中央部を流れています。天城山は降水量が多い地域で知られ、多くの支川が走り、狩野川に合流。とくに、下流域では函南町、三島市付近で蛇行し、大場川や来光川と合流するなど、豪雨によって氾濫する可能性が高いです。また沼津市、三島市、函南町、伊豆の国市韮山の多くが、河川水位より2〜5mの低地域なので、大規模な洪水の危険性もあります」

堀越さんは、ハザードマップで自分の住むエリアの危険度が低いからといって「決して安心すべきではない」とアドバイスする。

「これからの時代、河川流域に住んでいる人は、常に防災意識を持っていたほうがいい。想定をはるかに超える洪水が、いつ家を襲ってくるかわかりません。近年、降水量が増加傾向であることから、ひとたび河川が増水すれば、一気に堤防を越水し、決壊する可能性がある。これまでの基準による堤防では対応が不十分。想定を超える洪水被害の危険性が、 今後ますます高まってきます」

自分の命は自分で守る─―。こんな当たり前のことを再認識しなければならない時代なのだ。

「女性自身」2020年7月28日・8月4日合併号 掲載