「レジ袋有料化によって、万引き取り締まりに関する我々の悩みが増えたんですよ…」(某大手スーパーに勤める警備員)

7月1日より、全国でレジ袋(プラスチック製買物袋)の有料化がスタートした。本施策は、資源制約や海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの問題を受けたもので、プラスチックの過剰な使用を抑制すると共に、エコ意識を高める狙いがある。

有料化にともなって、レジ袋の代わりとして、マイバッグを携行して買い物に来る人が増えてきた。ただ、マイバックを用いた万引き例はあまり顕著ではないという。

「勤務しているスーパーに限っていえば、実は未会計の商品を袋に入れず、そのまま店外へ持ち出すという手口が目立つようになりましたね」(前出の警備員)

マイバッグを携行する人は増える一方で、会計を済ませた商品を袋に詰めずに持ち歩く人もいる。そうしたなか、むしろ堂々と未会計の所品を持ち歩くほうが、万引きか否か判断がつきにくいそうだ。

対策として、会計済の商品を袋につめない場合、シールを貼ることが考えられる。だが、それも思わぬトラブルにつながることあるという。

「マイバッグを持っていない、レジ袋がいらない、というような人に対して、店員が勝手にシールを貼って、クレームにつながったというケースがあります。もちろん何の断りもなく勝手に貼るのはダメですけどね。店としてはシールが会計済の証明になるので徹底したいところじゃないでしょうか」(前出・警備員)

レジ袋有料化を悪用する手口は、決して許されるものではないではないがーー。