「本当に悔しい思いでいっぱいです。うちは母子家庭でしたけど、明るい子になってほしいと思って一生懸命育ててきました。そんなあの子が、佐渡ヶ嶽部屋での8年間でボロボロにされたんです。

これ以上、息子のような目に遭う人が出てきてほしくない。そう思って今回、お話しすることにしました……」

と語るのは、引退した琴貫鐡こと柳原大将さん(22)の母だ。発端は1月9日のTwitter。柳原さんがこう投稿したのだ。

《今日を持って 引退することになりました。 このコロナの中、 両国まで行き相撲を取るのは さすがに怖いので 休場したいと佐渡ケ嶽親方に伝え 協会に連絡してもらった結果 協会からコロナが怖いで 休場は無理だと言われたらしく 出るか辞めるかの 選択肢しか無く 自分の体が大事なので》

「コロナが怖い」と休場を申し出たところ、出場か引退かの2択を迫られたという。柳原さんが新型コロナウイルスを恐れるのには、理由があった。母親が明かす。

「大将は心臓の手術を経験しています。そのため、コロナ感染に対してリスクを感じていたそうです。同時に『これ以上、母親に迷惑をかけるわけにはいかない』とも考えていたみたいです。

というのも、あの子はこの8年で心臓も含めて4度の手術をしてきました。でも最後の手術費用以外は佐渡ヶ嶽部屋が支払ってくれず、私がすべて負担してきたんです。『相撲で母に恩返しを』と思っていたのが、むしろ金銭的な負担をさせてしまっている。あの子はそれをずっと悩んでいました」

1月10日に元関脇・貴闘力こと鎌苅忠茂氏(53)のYouTubeチャンネルへ出演した際も、“心臓手術を経験したがゆえの恐怖”を語っていた柳原さん。引退決断の陰には、故郷で暮らす母親への思いがあったのだ。



■母は股関節の病気を発症し、一時は車いす生活に……

「実は私も大将が小学生のころに股関節の病気を発症。一時は車いす生活を余儀なくされ、それから満足に働くことができなくなりました。大将が中卒で相撲の世界に飛び込んだのは、そんな私を見て『病気の母親を早く楽にさせてあげたい』と思ったからでした。

私は、今でも10分以上立っていられない状態です。しっかり治すためには手術が必要。そのタイミングを考えているところです。だからあの子はケガをするたびに『本当はお母さんが先に手術をしないといけないのに申し訳ない』と感じていたようです。今回も同じ気持ちだったみたいです。

私が臨月のときに離婚したため、あの子は父親を知らずに育ちました。でも、幼いころから本当にしっかりとしていてね。私が仕事から帰ってくると、飼っていた犬と一緒に寝て待っているんです。寂しかったと思いますが、駄々をこねたりはしませんでした。本当に、母親思いの子なんです……」

本誌は日本相撲協会を通じて佐渡ヶ嶽部屋に取材を申し込んだが、回答はなかった。

柳原さんの母は涙ながらに「あの子は、今でも相撲が大好きなんです」と語っていた。その言葉にはこれまでずっと見守り続けてきた親としての、無念の思いがにじんでいた。

「女性自身」2021年2月9日号 掲載