「ステイホーム」が新しい生活スタイルとして取り入れられる中、現役海上保安官の実演で「船飯」のレシピを知ってもらおうと制作した「明日への活力、みなぎる元気!! 海保の元気飯」のYouTube動画が公開されている。

巡視船「きい(紀伊)」(画像提供・和歌山海上保安部)
巡視船「きい(紀伊)」(画像提供・和歌山海上保安部)

 YouTube動画の企画・制作は神戸を拠点とする第5管区海上保安本部の総務課の1セクション、広報・地域連携室の若手職員と保安官。管轄区域は主に太平洋に面した近畿・四国の7府県(兵庫・大阪・奈良・和歌山・滋賀・徳島・高知)。巡視船など47隻、航空機は5機、 職員約1100人でこれらの広い海域を守っている。

第五管区海上保安本部(神戸市中央区)
第五管区海上保安本部(神戸市中央区)

 これまで SNS での発信を目的とした動画作成を行ったことがないメンバーが撮影から編集までを担当。短い動画の中で、一般の方々に伝わりやすいよう、また最後まで飽きずに視聴してもらえるよう、カメラワーク、構成、編集に苦労した。 編集を担当したメンバーは、これまであまりYoutubeとの接触機会もなく、これを機会にSNSの動画や編集技術について一から学んだという。

巡視船「きい(紀伊)」(画像提供・和歌山海上保安部)
巡視船「きい(紀伊)」(画像提供・和歌山海上保安部)

 今回登場するのは、和歌山海上保安部の大型巡視船「きい(紀伊)」に乗り込む入庁36年目のベテラン、 槌屋 晶子(つちや あきこ)主計士が作る『愛情いっぱい!スペシャルBIGハンバーグ〜』。

和歌山海上保安部・主計士 槌屋晶子さん
和歌山海上保安部・主計士 槌屋晶子さん
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/09/「きい」ランニング姿.jpg
2020年3月の名古屋ウィメンズマラソンはオンライン参加で完走した槌屋さん

 「きい」には海の機動隊である「特別警備隊」が乗船し、海上デモや海上テロの脅威から日本の海を守る。 2019年のG20大阪サミットでも海上警備の中核として活躍した。槌屋さんが腕によりをかけた焼きたてハンバーグからあふれ出す肉汁は、隊員たちをとりこにする絶品だという。

海の機動隊「特別警備隊」訓練(画像提供・第五管区海上保安本部)
海の機動隊「特別警備隊」訓練(画像提供・第五管区海上保安本部)
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/09/-2-e1600253541323.jpg
和歌山海上保安部・主計士 槌屋晶子さん

 槌屋さんは 「ハンバーグは焼くと小さくなるので、大きめに作るので生焼けにならないよう、しっかり焼きつつ、肉汁が外に出てカスカスにならないよう焼きすぎにも注意しています。体力勝負の現場で疲労回復、身体作りだけでなく食べる喜び、楽しみを感じて『美味しかった。いつもありがとう』と言ってもらえた時はやりがいを感じます」と話す。

和歌山海上保安部・主計士 槌屋晶子さん
槌屋さん、通勤は自転車で
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/09/-e1600252735964.jpg
あふれる肉汁、より食欲をそそる(「明日への活力、みなぎる元気!! 海保の元気飯 Vol.3 」より)

 新型コロナウイルスと向き合った2020年。今後はwithコロナ、ポスト・コロナを意識して「ステイホーム」という生活スタイルが求められているが、大事なのはそれだけではない。槌屋さんは「食事は、単にお腹を満たす栄養分としてだけでなく、少し丁寧に作ることで心も豊かに満たす事ができ、生きる喜びを感じられるもの。この動画でそうした料理の『愛情』や『心』も伝えられたら」とメッセージを寄せた。

『愛情いっぱい!スペシャルBIGハンバーグ〜』
ハンバーグ作りの神髄「こね方ひとつ」(「明日への活力、みなぎる元気!! 海保の元気飯 Vol.3」より)
https://jocr.jp/raditopi/wp-content/uploads/2020/09/-e1600232180119.jpg
ソースに使う「ある野菜」に注目(「明日への活力、みなぎる元気!! 海保の元気飯 Vol.3」より)

 第五管区海上保安本部によると、 YouTube動画の反響も大きく「海上保安官を縁の下で支える海の料理人=主計士(しゅけいし)の魅力をもっと伝えたい!」という現場の声にも応え、シーズン2として近く撮影を再開するという。おうちごはんのレシピ、あなたの新たなレパートリーに。

 ラジオ関西「ラジトピ」でも「海猿たちの元気メシ!」シリーズとして、今後も継続して紹介予定。