加西市の北条旧市街地で、毎月の最終土曜日に開催される体験型イベント、北条コンネ。「こんね」とは播州弁で「この家」という意味があり、家に遊びにきたような感覚で、ゆったりとした時間を過ごしてほしい、という想いが込められている。

 2018年7月からスタートし、これまで25回イベントを開催。北条コンネのファンも増え始め、地元住民から愛される憩いの場となっている。歴史の深みが感じられる、ノスタルジックな町並みの中で、食事やワークショップ、季節のイベントを楽しめるのが魅力だ。

 そして今回おこなわれるのが、ハロウィンイベント「トリックオアトリート」。

 仮装をした子供に100円のスタンプカードを購入してもらい、各施設で「トリックオアトリート」と言うと、スタンプとお菓子がプレゼントされる。その他、ファーマーズマーケットでは、加西の「さだゆうき畑」や鳥取県の「LUCK HILL」が出店。キッチンカーで本格窯焼きピッツァの販売や、ハロウィン撮影会など、大人も子供も楽しめるラインナップだ。

 北条コンネ実行委員会・辻田さんは「お子様を連れて、ぜひ食事やワークショップを楽しんで欲しい。北条は、五百羅漢など観光スポットがあり、ゆったりとした空気感を大切にしているので、その雰囲気を味わってくれると嬉しい」とコメントした。

 ハロウィンイベント「トリックオアトリート」の開催日時は、10月31日の土曜日、朝10時からお昼3時まで。

北条コンネ
「北条コンネ」ハロウィンイベント「トリック・オア・トリート」開催案内