11月1日は「灯台の日」。2020年、灯台が日本の海を照らして152年目となった。

江碕灯台(兵庫県淡路市)
江碕灯台(兵庫県淡路市)※写真提供・「灯台女子」不動まゆうさん

 1866(慶応2)年に、イギリス、フランス、オランダ、アメリカの4か国との間で締結した改税約書(江戸条約)に基づき、東京湾周辺など8か所に灯台の設置が求められた。当時、日本には洋式の灯台を建設する技術がなく、江戸幕府はフランスとイギリスに灯台のレンズや機械の買入れと建設の指導を依頼。

お雇い外国人技師 1869(明治2)年撮影 ※写真提供・海上保安庁
お雇い外国人技師 1869(明治2)年撮影 ※写真提供・海上保安庁

 その後、明治新政府がこの事業を引き継ぎ、ヴェルニーを技師長とするフランス人技術者集団により、1868(明治元)年11月1日に「観音埼(かんのんさき)灯台」(神奈川県横須賀市)の建設が始まる。そして1870(明治3)年までにフランス人により観音埼灯台ほか3基の灯台を建設。

「観音埼灯台(初代)」(神奈川県横須賀市)1868年11月1日起工
「観音埼灯台(初代)」(神奈川県横須賀市)1868年11月1日起工 ※写真提供・海上保安庁

 そしてイギリス人土木技師、R・H・ブラントンが設計して1877年(明治10年)までに30基の灯台が建設された。ブラントンは「日本の灯台の父」とも讃えられている。海上保安庁では、我が国初の洋式灯台「観音埼灯台」の起工日(1868年11月1日)にちなんで11月1日を「灯台記念日」と定めた。

リチャード・ヘンリー・ブラントン「日本灯台の父」※写真提供・海上保安庁
リチャード・ヘンリー・ブラントン「日本灯台の父」※写真提供・海上保安庁

 近ごろは全国各地で観光資源としての灯台の価値を改めて見直し、活用していこうとする動きもある。しかし2020年は全国各地の灯台の一般公開が新型コロナウイルス感染防止のため中止に。灯台ファンにとっては寂しい季節となった。

日本では唯一、世界でも大変珍しいホテルに立つ灯台(神戸メリケンパークオリエンタルホテル)
日本では唯一、世界でも大変珍しいホテルに立つ灯台(神戸メリケンパークオリエンタルホテル)

 日本で唯一、ホテルに建つ公式の灯台として知られる神戸市中央区の神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、例年、灯台記念日にあわせてホテルの最上階バルコニー部分に建つ灯台を一般公開しているが今年は中止に。広報担当者は「楽しみにしてくださっている皆様のためにも、来年は公開できれば」と話す。

灯台は阪神・淡路大震災で被災した旧オリエンタルホテルから継承 ※写真提供・神戸メリケンパークオリエンタルホテル
灯台は阪神・淡路大震災で被災した旧オリエンタルホテルから継承 ※写真提供・神戸メリケンパークオリエンタルホテル
夜、一点の光がミナト神戸を照らす ※写真提供・神戸メリケンパークオリエンタルホテル
夜、一点の光がミナト神戸を照らす ※写真提供・神戸メリケンパークオリエンタルホテル

 もともとは、旧オリエンタルホテルが1964年に神戸市中央区京町へ移転した際、「港町・神戸のシンボルに」と、日本で初めてホテルの屋上に設置されたもの。阪神・淡路大震災で被災し、一時は休止を余儀なくされるも、同年7月に開業が決まっていた神戸メリケンパークオリエンタルホテルへ継承された。半世紀以上にわたり、神戸の海の安全を見守り続け、その役目を果たしている。

 秋の観光シーズン、灯台の公開は中止されたが、メリケンパークオリエンタルホテルは「Go Toトラベルキャンペーンの影響もあり、週末を中心にホテルにご来館いただけるお客さまも増え、少しずつではありますがホテルにも活気が戻ってきました。コロナ疲れのリフレッシュに神戸へお越しいただき、楽しいひと時を過ごしていただければ」と呼びかけている。

 こうしたなか、関西では唯一、和歌山県串本町の「樫野埼灯台」が11月15日(日)に一般公開される(午前10時〜午後3時・入場無料)。樫野埼灯台は1870(明治3)年6月10日の初点灯から150年。日本最古の石造りで、ブラントンが日本で最初に設計した。

「樫野埼灯台」灯台の日にちなみ関西で唯一、一般公開(11月15日)※写真提供・「灯台女子」不動まゆうさん
「樫野埼灯台」灯台の日にちなみ関西で唯一、一般公開(11月15日)※写真提供・「灯台女子」不動まゆうさん
樫野埼灯台は 1870(明治3)年6月10日の初点灯から150年
樫野埼灯台は 1870(明治3)年6月10日の初点灯から150年

 灯台の魅力を多くの人に知ってもらうため、「灯台女子」としてフリーペーパー『灯台どうだい?』の編集発行人を務める不動まゆうさん。幼いころからバイオリンをたしなむ音楽女子。音楽大学に進むも振付家をめざしてダンススタジオに通い詰めるなど好奇心旺盛。現在は楽器の資料館で学芸員を務める一方で、好きが転じて灯台の魅力や文化的価値をメディアを通して訴え、100年後の海にも美しい灯台やを残すことを目指しているが、今年はコロナ禍という非常事態に大変心を痛めた。

不動まゆうさん
「灯台女子」不動まゆうさん

「緊急事態宣言が発令され、外出自粛期間中は灯台に行くことができず、代わりに『灯台ONEタップビュー〜ぐるっと360°灯台探索』という海上保安庁(東京・第三管区海上保安本部)が公開しているサイトで、灯台内部のパノラマ画像を眺めて心を慰めていました(※サイトでの閲覧は、VR(バーチャルリアリティ)モードへの切り替えも可能だが専用のVRゴーグルが必要)」。

「灯台どうだい?」
「灯台どうだい?」 サポーター費1000円(年間)でも郵送

「また『灯台どうだい?』の取材に行けなかったため、発行に遅れが生じました。灯台記念日である11月1日もいつもよりイベントは控えめですが、新たに『海と灯台ウィーク』が設定され、コロナ感染対策を行った上で11月8日までイベントの開催や、自治体による灯台キャンペーンも予定されています。さらに4基の灯台が国の重要文化財(※)に指定される快挙! 不安なニュースの多いなか、やはり灯台は光を与えてくれる存在だと思います!」と話す。

「灯台どうだい?」は、全国の登れる灯台や、海事系博物館(関西では神戸海洋博物館)などで配布。

※国の文化審議会が10月16日に指定を答申した重要文化財に、犬吠埼灯台(千葉県銚子市)、六連島灯台・角島灯台(山口県下関市)、部埼灯台(福岡県北九州市)が選ばれた。

不動まゆうさん
不動さんは多くの人に灯台を好きになってもらいたいと2020年12月、新たに「愛しの灯台100選」を出版予定。

★「海と灯台ウィーク」(https://toudai.uminohi.jp/todai-week2020/)、西日本では広島や愛知、四国でイベントが予定されている。