上越市の高田公園でぼんぼり設置始まる 4月1日から高田城百万人観桜会

新潟県上越市の高田公園で2017年4月1日から開催される「第92回高田城百万人観桜会」(1〜17日、上越市など主催)に向けた会場設営が着々と進められている中、3月20日には公園周辺を美しく照らすぼんぼり設置作業が始まった=写真=

201703201

上越観光コンベンション協会によると、会場の公園周辺には支柱に取り付ける「立ちぼんぼり」が約600個、柱と柱の間に並ぶように設置される「吊りぼんぼり」が約2400個の計3000個が設置されるという。

立ちぼんぼりの設置業者によると、今年は3月14日から支柱の取り付けなどの作業を開始。20日には支柱にぼんぼりを固定する作業が職人たちによって進められた。職人たちはぼんぼり固定のために釘を打つなど、慣れた手つきで黙々と作業を進めると、会場一帯がぼんぼりのピンク色に彩られた。

ニュースをもっと見る

関連記事

上越タウンジャーナルの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

08時10分更新

新潟のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索