総務省が発表した2019年の住民基本台帳に基づく人口移動報告によると、新潟県上越市の外国人を含む転出超過数(転入者と転出者の差)は856人で県内で最も多かった。

上越市内からの転出者数は4739人で2018年に比べて46人増えた。転入者は前年より79人減って3883人だった。転出者が転入者を上回る「転出超過」の状態にあり、転出超過数は前年より125人増加した。転出者の年齢層別では、20〜24歳が最も多く1239人、次いで25〜29歳775人、30〜34歳511人と若い世代の流出が顕著。

県内で上越市の次に転出超過が多いのは柏崎市で580人、以下長岡市と三条市の497人、新潟市の477人と続く。転出者よりも転入者が多い転入超過だったのは湯沢町の93人と出雲崎町の12人のみだった。

2019年の新潟県内30市町村の外国人を含む転入転出者数(令和元年住民基本台帳人口移動報告から作成)

  転入者数 転出者数 転入超過数
上越市 3,883 4,739 -856
柏崎市 1,791 2,371 -580
長岡市 6,050 6,547 -497
三条市 1,748 2,245 -497
新潟市 28,638 29,115 -477
十日町市 756 1,229 -473
南魚沼市 1,102 1,523 -421
村上市 935 1,291 -356
糸魚川市 628 962 -334
小千谷市 618 927 -309
魚沼市 605 900 -295
聖籠町 462 751 -289
佐渡市 1,013 1,283 -270
加茂市 381 640 -259
阿賀野市 705 917 -212
妙高市 729 916 -187
胎内市 626 773 -147
阿賀町 143 288 -145
新発田市 2,430 2,548 -118
津南町 152 266 -114
関川村 83 171 -88
田上町 192 272 -80
弥彦村 126 203 -77
見附市 861 937 -76
刈羽村 92 167 -75
五泉市 862 931 -69
燕市 1,827 1,851 -24
粟島浦村 34 39 -5
出雲崎町 116 104 12
湯沢町 526 433 93

本県全体の転出超過数は7225人で、都道府県別では全国で4番目に多くなっている。