「三山春秋」【上毛新聞】

▼旅館業界で注目されているクラウドを活用したシステムがある。鶴巻温泉(神奈川県秦野市)の老舗旅館・陣屋が開発した「陣屋コネクト」だ▼予約・会計・顧客・出勤などのデータを一元化し、タブレットを活用して従業員が情報を共有。人手不足に悩む旅館業の経営効率化を図る。実際の業務を知る「現場発」という点が、使い勝手の良さにつながっているようだ▼開発者はエンジニアから家業を継いだが、リーマン・ショック後の厳しい経営環境を受け旅館存続の危機にまで追い込まれたという。状況を何とか改善しようと独自に開発したシステムが全国に広がっている▼県内で導入を進める旅館経営者は、労働集約型産業の旅館業では経営合理化はずっと議論されてきたと強調する。ただ長く続いた働き方のモデルもあり、大胆な改革が進んでいなかったとも語っている▼ITと温泉旅館。一見距離も感じられるが、最新技術と伝統文化が融合することで新たな道が開けた。一人一人の頭の中に入っていた顧客データは共有化、食材やメニュー情報の入力作業省力化も期待される▼ただ、どの職場でも同じだろうが新しいことをやるには抵抗もある。従業員の理解は不可欠だ。「おもてなし」の精神を大事にしつつ、変えるべきところは変えることが湯けむりの里の継承につながる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

上毛新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

群馬のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索