前橋育英 守り後半勝負 あす山梨学院戦 両監督に聞く

前橋育英 守り後半勝負 あす山梨学院戦 両監督に聞く

 【兵庫=中里圭秀】台風5号の影響で開幕が先送りされた第99回全国高校野球選手権は8日、甲子園球場で開会式が開かれ、15日間(休養日含む)の熱戦の火ぶたが切られる。前橋育英は大会第2日の9日、第3試合(午後1時)で山梨学院(山梨)との初戦(1回戦)に臨む。本番を前に、育英・荒井直樹監督、山梨学院・吉田洸二監督の両指揮官にチーム状況や思い描く試合展開などを聞いた。 —理想の試合展開は。  【荒井監督】 攻撃力はそれほど高くない。投手中心にしっかり守り、接戦に持ち込んで後半勝負にしたい。  【吉田監督】 同じだ。何とかついていき、最後の丸山君が出てきたときにどれだけやれるか。相手のキーマンと真っ向から勝負して負けたら帰る。シンプルだ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

上毛新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

群馬のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索