群馬県に国内唯一の自動車生産拠点を置くSUBARU(スバル、東京都渋谷区、中村知美社長)は15日、2020年の世界生産台数を前年比11%増の110万台とする計画を発表した。国内と海外を合わせた生産計画では過去最高の台数となる。一連の検査不正を受けた減産などから回復した国内生産は11%増の69万台と設定。海外生産も11%増の41万台とし、販売が好調な北米市場を中心とする旺盛な海外需要に対応する。 19年の国内生産実績は前年比6%減の61万9千台だった。検査不正に対応するため、国内生産を担う群馬製作所(太田市、大泉町)の生産ペースを19年9月まで落としていたほか、翌10月の台風19号の影響で部品供給が滞り、操業を一時停止したことなども響いた。 海外の生産実績は3%増の36万9千台だったが、国内生産の減少に伴い世界生産実績は3%減の98万7千台となり、4年ぶりに100万台を割り込んだ。同社は「さまざまなアクシデントがあり、群馬製作所の能力を十分に発揮できなかった」としている。