群馬県中之条町入山の引沼地区に伝わる小正月の伝統行事「おんべーや」が15日、同地区で行われた。「おんべ」と呼ばれる大小二つのやぐらを燃やし、七福神に扮(ふん)した住民が福俵を投げて一年の幸せを願った=写真。 どんど焼きの一種で、無病息災や家内安全、五穀豊穣(ほうじょう)に御利益があるとされる。点火前には七福神の格好をした住民が地区内の民家を巡り、福俵を投げて福を分けた。【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。