陸上の第29回ぐんまマラソン・ジュニアロードレース大会(県、群馬陸協、上毛新聞社など主催)が11日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬を発着点とするコースで行われ、高校男子は宗像直輝(農大二)が制した。同女子は1年生の山下真奈(太田女)が優勝。中学2、3年の男子は2年生の原田望睦(高崎箕郷)、女子は高橋雛乃(甘楽)が頂点に立った。大会は小学4年から高校まで約1100人が参加し、男女計12種目で競った。高校の男子と女子、中学男子2、3年の計3種目は、折り返し地点の位置に誤りがあったため、参考記録となった。責任果たし 主将が有終 宗像 右手の人さし指を力強く突き上げ、ゴールを駆け抜けた。高校男子は、全国高校駅伝28度の出場を誇る農大二の宗像主将が優勝。チームメートで全国トップクラスの実力を持つ石田洸介や伊井修司が今大会は不参加で、「絶対に勝たなければいけないレースだった。よかった」。名門の主将として最後の仕事を果たし、胸をなで下ろした。好調維持し「狙い通り」 山下 ○…高校女子は、太田女1年生の山下が両手を広げてトップでゴールに飛び込んだ。全国高校駅伝常連の常磐勢は今大会不参加だが、1月の県高校新人駅伝では同校の選手をかわして1区区間賞。好調を維持して今大会に臨み「狙い通りの走りで優勝できた」と胸を張った。中学男子2、3年 高崎箕郷・原田が頂点 ○…伸び盛りの2年生が頂点をさらった。中学男子2、3年を制した原田望睦(高崎箕郷)だが、昨年の県中学総体は入賞できず、県中学駅伝も市予選敗退だった。「優勝を狙う気持ちはあったけど、ほんの少しだけ。体がよく動いた」とはにかみながら喜んだ。中学女子2、3年 甘楽・高橋優勝 ○…中学女子2、3年は、昨年2位の高橋雛乃(甘楽)が頂点に立った。持ち味のスピードを生かしたラストスパートでトラック勝負を制し、雪辱を果たした。「中学最後の大会だから絶対に負けたくなかった。昨年悔しかった分もうれしい」と声を弾ませた。