群馬県信用組合(安中市原市、新野正行理事長)は2020年度に組織の構造改革に着手する。現在22ある本・支店のうち7支店を「店舗内店舗化」し、計15拠点に再編統合。余裕が生まれる人員を事業承継など専門性の高い相談業務に充てる。日銀の超低金利政策などに苦しむ県内の金融機関では店舗再編の動きが相次いでおり、持続的な経営に向けて対策が進む。 7支店は窓口業務などを廃止し、現金自動預払機(ATM)だけを設置する。5月7日に横川支店(安中市)を松井田支店(同)に、7月13日に磯部支店(同)を原市支店(同)に、妙義支店(富岡市)と南蛇井支店(同)を一の宮支店(同)にそれぞれ移す。10月ごろには西牧支店(下仁田町)と南牧支店(南牧村)を下仁田支店(下仁田町)に、高崎西支店(高崎市)を八幡支店(同)に移転する。同村には拠点がなくなる。 統廃合後の本・支店数は15となり、いずれも金融機関で対応する全ての機能を備え、機能を限定する特化型の店舗は設けない。営業職員数は減らさず、担当エリア内の顧客訪問を継続する。早期退職制度の活用といった人員削減は実施しない。