みどり市笠懸町の稲荷山で薄紫色のカタクリが咲き始めた=写真。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、28日から予定していた「カタクリさくらまつり」は中止する。 カタクリはユリ科の多年草で、地下水の多いところを好む。群生地は国史跡の岩宿遺跡の指定区域となっている同山の北斜面2.4ヘクタールで、約18万株が自生している。近くの鹿の川沼のソメイヨシノ並木では月内にはライトアップを予定している。