新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐマスクや、フェースシールドの作り方を学ぶ講習会が、群馬県邑楽町中野の中央公民館で開かれた。町内外から7人が参加し、手作りの予防グッズを製作した。 講習会では事前に裁断された布を使用。参加者は講師に教わりながら、ミシンを使って縫ったり、ひもを通したりしていた。フェースシールドは100円ショップで手に入る商品を組み合わせて作った。