新型コロナウイルスの影響で苦戦を強いられる飲食店を応援しようと、群馬県の桐生商工会議所青年部(園田誠司会長)は27日、桐生市役所駐車場で、桐生、みどり両市の飲食店など12店の特製弁当400個をドライブスルー形式で販売した。 「スマイルドライブスルー」と題し、各店に700円程度で依頼した弁当を500円で販売した。各店自慢の味が気軽な値段で食べられることもあり、会場いっぱいに車が並んだ。