絵画への理解を深めてもらおうと、県立近代美術館(高崎市)は27日、県内在住の美術作家らの作品と合わせて、同館の収蔵絵画を紹介する企画展「絵画のミカタ」を始めた。現代作家による収蔵絵画の解説を通して作品の新たな魅力を探る。8月23日まで。