スカイランニング日本代表で、山岳ランナーの上正原真人さん(23)=群馬県高崎市=が今春からプロとして活動をスタートした。トレーニングや海外遠征資金を集めるため、上毛新聞社とグリーンファンディングが共同運営する「ハレブタイ」でクラウドファンディングを開始し、30万円を目標に募る。 上正原さんは主に高地を走るスカイランニングの日本選手権に昨年、初出場して優勝。来年にスペインで行われる世界選手権の日本代表となった。 前橋育英高サッカー部出身の上正原さんは大学時代に山岳競技と出会い、スカイランニングのほか、不整地を走るトレイルランニングでも活躍。大学を卒業した今春から、地元の本県で活動を始めた。 募集は8月5日まで。支援は1口3千円から。返礼品は支援を受けている高崎市内の低酸素ランニングジムの利用券などがある。上正原さんは「群馬から世界へ羽ばたくために力を貸してほしい」と支援を呼び掛けている。詳細はハレブタイのホームページhttps://greenfunding.jp/harebutai/で紹介している。