コマクサの淡いピンクの花が、群馬県片品村の丸沼高原・日光白根山ロープウエー山頂駅周辺で咲き始めた。風に揺れ、ハイカーや観光客を出迎えている=写真。 ロープウエーを管理する日本製紙総合開発によると、新型コロナウイルスの影響で利用が一時減ったものの、移動自粛の解除を受け、客足は徐々に戻りつつあるという。晴れれば武尊山や至仏山などを一望できる。コマクサは8月中旬ごろまで楽しめそう。 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。