15日予報 平野部で降雪2〜3センチ 利根沼田は大雪

 前橋地方気象台は14日午後5時、大雪に関する気象情報を発表。群馬県内は利根・沼田地域の山地で、16日にかけて大雪となる。15日は平野部でも2〜3センチの降雪がある見込み。みなかみ町、片品村には同日午後3時39分、大雪警報が発令された。伊勢崎・太田地域を除く県内全域に大雪・低温注意報が、利根・沼田・吾妻の県北地域になだれ注意報が出された。 14日午後5時現在の12時間降雪量(積雪)はみなかみ町藤原29センチ(109センチ)みなかみ町幸知34センチ(63センチ)草津 13センチ(48センチ)前橋 0センチ(0センチ) 日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、関東地方の上空約5000メートルには、平年より約12度低い、氷点下37度の寒気が流れ込んでいる。この強い冬型の気圧配置は16日にかけて続く見込み。15日午前6時までの12時間降雪量は、多い所で北部山地50センチ 北部平地10センチ南部山地5〜10センチ 南部平地2センチ15日午後6時までの24時間降雪量は、多い所で北部山地60センチ 北部平地10センチ南部山地 5〜10センチ 南部平地3センチの見込み。 その後も雪は降り続き、16日午後6時までの24時間降雪量は、多い所で北部山地60か80センチの見込み。

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

上毛新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

16時43分更新

群馬のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索