ギリシャ、ベルギーの次は、アイスランド。

 海外からの“黒船ヨーグルト”の到来が続いています。ヨーグルト市場で確かな存在感を見せている「ギリシャヨーグルト」、なめらかでグルメ派をうならせる「ベルギーヨーグルト」は、日本のヨーグルトにはない味わいが魅力。そして次に現れたのが、アイスランド。

 その名は、日本ルナから3月末に発売された「Isey Skyr(イーセイ スキル)」という商品。そうです今回は、このヨーグルトの魅力や楽しみ方について考えてみたいと思います。

◆ギリシャヨーグルトとの違いはねっとり感と酸味。美容にも◎
 そもそも「スキル」とは、アイスランドで1000年以上前から食べられていた歴史ある定番ヨーグルトなんだとか。ヨーロッパを中心に世界17カ国で販売されていて、このたび日本にも上陸しました。

 特徴としては、ギリシャヨーグルトのメジャーブランドであるオイコス(ダノンジャパン)と同様、「高たんぱく質脂肪ゼロ」という点。つまり、ダイエットやスタイルアップのための美容食として活躍する、ありがたいヨーグルトなんです。

 ラインナップとしては、プレーン(砂糖不使用)、バニラ、ストロベリーピーチの3種。早速プレーンを食べてみたところ、濃厚ねっとりした食感と、しっかりした酸味のある味わい。“レアチーズケーキのような”と表現している声もありますが、コクのある生チーズ(例:マスカルポーネチーズ)に酸味が加わった感じで、ダノンのオイコスに比べると、酸味感とねっとり感が際立っています。

 また、フレーバーのあるバニラとストロベリーピーチは、ジャムのようなソースが入っているのではなく、全体的にほんのりフレーバーが混ざったタイプ。どこか懐かしくナチュラルなテイストで、この点でもオイコスやパルテノとは大きく違うと感じました。

 結論としては、①全体的にナチュラルテイスト、②しっかり酸味、③ねっとり食感の3つに集約されるでしょう。なめらかでクリーミーなギリシャヨーグルトとは全く別世界ですが、ギリシャヨーグルトとは同類にくくれそうなので、味の違いを楽しんでみるのがオススメです。

 それでは最後に、料理への応用のお話です。

◆オススメは“最強の美容スイーツ”として楽しむこと
 ギリシャヨーグルトのように、生クリームの代用品として活用するのは大いにアリ。以前ご紹介した「太らないカルボナーラ」のレシピにもプレーンが最適です。

 でももっと積極的に“高たんぱく質脂肪ゼロ”を活かすなら、蒸し豆と合わせた「お豆とスキルのクリーミーボウル」。お好みのフレーバーのスキルを選び、市販の蒸し豆(ミックスタイプもしくは大豆オンリーのタイプ)を1袋と合わせ、メープルシロップを垂らすだけ。たんぱく質はもちろんのこと、食物繊維もたっぷり摂取できます。ここ最近、私の定番スイーツとして定着中で、自粛生活下でも体重維持はバッチリです。

 ヨーグルトの世界がグーンと広がりますから、気になる方はお試しくださいね!

※全国のスーパーやコンビニで販売中。取り扱いのない店舗もあります。

<文、写真/スギアカツキ>
【スギアカツキ】食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12