新型コロナ禍による自粛生活で食生活は乱れ、すっかり運動不足に。ただでさえ肥満気味の体がよりふくらんでいく……そんな悩みを持つ方は多いのではないでしょうか? けれど、この状況を逆手にとり、いい機会とみなすこともできるはず。

◆2年間で56㎏の大幅減量を果たした奇跡のダイエッター
「社会人になってストレスから食に走り、気がついたら身長154㎝で体重は最高で97㎏に。健康診断では医者から『死ぬよ』と言われたこともあります」

 そう語るのは鈴木沙織さん。2年間で56㎏の大幅減量を果たした奇跡のダイエッターだ。

「自己流のダイエットを経て、一念発起し、大手ジムに入会。トレーニングと糖質制限を中心にした食事コントロールを始めました。一日の糖質量50gを目安に、摂取カロリーは1500〜2000kcal以内でコントロールしましたね」

 努力のかいもありボディメイク大会ではファイナリストに選ばれ、CM出演も果たした。現在、OLと料理研究家を両立したパラレルワーカーとして活動している。そんな彼女がすすめるのは「時短、簡単、低糖質」のレシピだ。

「献立は糖質を徹底的に減らして、肉や魚などタンパク質を中心にし、野菜を組み合わせています。私は一日に肉を240〜360gを目安に摂っています。炭水化物を抜くとどうしても食物繊維が不足しがちなので、今回、紹介するレシピにも野菜、こんにゃく、キノコ類を取り入れてみました」

 鈴木さんは現在、自炊に加えて週2回の筋トレに励み、さらにはマルチビタミンやグルタミンなどのサプリも積極的に取り入れ、体重47㎏前後をキープしている。

「どれも簡単なメニューなので、リモートワーク中の時短メニューとしてもオススメです」

 ささっと作れる痩せレシピは試す価値アリだ。

◆カレー×マヨの絶妙バランス「チキンサンド」
 ブランパンは小麦粉の外皮の部分を使ったパンのこと。「ブランパンの利用で糖質が少し高めなので、エネルギーを消費しやすい朝かお昼がオススメです」

一食当たりの値段/230円
糖質/22g カロリー285kcal

<材料>
ほぐしサラダチキン……1/2袋
千切りキャベツ……1/4袋
マヨネーズ……大さじ1
カレー粉……小さじ1/4
ブランパン……2枚

<作り方>
1.具材をボウルに入れる。ほぐしサラダチキン、千切りキャベツ、カレー粉、マヨネーズをすべてボウルに入れる。

2.お箸で混ぜる。1の具材をしっとりするまでよく混ぜる。マヨネーズの油分とキャベツの水分が馴染むようにするのがコツ。

3.ブランパンに具材を挟む。軽くトーストしたブランパンの上に具材をのせて、上からもう一枚のトーストで挟む。最後にパンの耳を切り落とす。

◆混ぜてのせるだけでやみつきに!「ツナ缶ユッケ」
「すべて材料はコンビニで調達可、ピリ辛で食欲をそそる一品です。お酒と一緒に楽しみたい場合は、糖質がないウイスキーなどの蒸留酒がオススメですね」

一食当たりの値段/230円前後
糖質/2.8g カロリー122kcal

<材料>
ツナ缶(水煮)……1/2缶
キムチ……50g
温泉卵……1個
青ネギ……適量
白ごま……適量

<作り方>
ツナ缶とキムチを混ぜて、中央に温泉卵をのせる。青ネギと白ごまを散らして完成。ボリュームを出したい人は、コンビニで買えるミニ豆腐(1コ150g)を加えてもよい。

◆ワンボウルで簡単にできる!「ヘルシーすき焼き」
「難しそうなすき焼きもレンジであっという間にできます。お好みで春菊などを加えるのもオススメ。お肉は鶏ムネ肉の薄切りにすると、さらにヘルシーに」

一食当たりの値段/330円
糖質/5.1g カロリー318kcal

<材料>
牛薄切り肉……75g
焼き豆腐……1/4丁
白菜……1枚
長ネギ……1/4本
しいたけ……2個
つきこんにゃく……1/2袋
水……100cc
醤油……大さじ1/2
日本酒(糖質ゼロタイプ)……大さじ1/2
ラカント……大さじ1/2
だしの素……小さじ1/4

<作り方>
白菜はざく切り、長ネギは斜め切り、しいたけは軸を取る。焼き豆腐は4等分にし、つきこんにゃくは水洗いし食べやすい長さに切る。ボウルに白菜の根元を敷いて、その上にその他の具材と水・調味料を入れてラップを。電子レンジ(600W)で3分間加熱したら一度、肉をほぐしてさらに600Wで4分間、加熱する。

【鈴木沙織さん】
ヘルシー料理研究家。’84年、山形県生まれ。97㎏から56㎏の減量を達成。昼はOL、週末には料理教室も主宰している。著書に『まんぷく糖質オフごはん』。インスタは@meron5180

<取材・文/週刊SPA!編集部 撮影/湯浅立志>