スーパーの鶏もも肉に塩をふって、二晩寝かせて焼くと、激ウマ「チキンソテー」に大変身!

 これは、SNSでバズった、JA全農が伝授する裏技レシピです。公式Twitterで6月16日にレシピが投稿され、6月26日時点で3.9万回もリツイートされています。

 とはいえ……普通に焼くのと、何が違うの?

 ということで今回、JA全農レシピと、普通に焼いた鶏もも肉を徹底比較しました。鶏肉の断面や、鶏皮の違い、などなど詳しく紹介しています。

◆JA全農発!鶏もも肉の裏技レシピとは
【材料】
鶏もも肉…1枚
塩…鶏肉重量の1%

【作り方】
①鶏もも肉に塩をまぶします。
②キッチンペーパーで鶏もも肉を巻き、冷蔵庫で二晩冷やす。
③フライパンで焼く。

 今回は1枚271gの鶏もも肉を使用しました。塩は重量の1%なので2.7gです。はかりを持っていない人は、計量スプーンを目安にすると良いでしょう。

小さじ1…約6g
小さじ1/2…約3g
※塩の種類によって重さが異なる場合あり

 ムラができないよう、鶏もも肉全体に塩を擦り込みます。

 キッチンペーパーでグルグル巻きにして、冷蔵庫で寝かせます。

 一晩たつと、キッチンペーパーが濡れていたので、取り替えました。

◆二晩おくと色が濃くなり、身が引き締まった!
 二晩冷やしたあとの重さを量ると252gでした。最初は271gだったので、19g減ったことになります。

 比較するため、同じところで買った鶏もも肉(281g)を並べてみました。

 JA全農レシピの鶏もも肉は、色が濃くなり、水分が抜けて身が引き締まったように見えます。一方、何もしていない鶏もも肉は、プルプルしています。

◆普通に焼いた鶏もも肉との違いは?
 JA全農レシピ、何もしていない鶏もも肉、条件を同じにして焼いてみました!

・調理温度
・焼き時間

 まず、皮から焼いていきます。JA全農レシピの方は、焼くとすぐに油が出てきました。油だけジュワッと出てきます。

 何もしていない鶏もも肉は、焼いているうちに油がたくさん出てきましたが、水分も一緒に滲み出てきます。

 JA全農レシピの方が、カリッと焼けました。

 何もしていない鶏もも肉は、ブヨッとした見た目。JA全農レシピは、お店で食べるような綺麗なチキンソテーになりました。

 断面を見ると、何もしていない鶏もも肉は、肉と肉のあいだに水分が含まれています。一方、JA全農レシピは、水分はほぼ見えず、ギュッと引き締まっているのが分かります。

 特に分かりやすかったのは、鶏皮の部分。何もしていない鶏もも肉は、ブヨブヨしています。JA全農レシピは、薄くカリッとした仕上がりになっていました。

◆JA全農レシピで焼くと、地鶏のような歯応えに
 鶏もも肉に塩をふって、二晩冷やすだけで、カリッとジューシーな仕上がりになりました。

 身が引き締まっているので、まるで地鶏のような歯応え! 塩味がしっかりついているので、そのまま美味しく食べられます。

 ブヨブヨ感は一切ないので、鶏皮に苦手意識を持っている人にもおすすめです。

 JA全農の鶏もも肉レシピは、寝かせて焼くだけなので、ぜひ試してみてくださいね!

<文/梅原しおり>