かつてクリーミーでとろけるような食感のプリンが世間でもてはやされていましたが、私もそんな“とろけるプリン”を食べて、すごく感激したことを今でも覚えています。けれども最近は、卵と砂糖と牛乳で“固め”に仕上げた“固めのプリン”の人気がじわじわと高まり、2020年の流行スイーツとして筆頭に上がっているそうです。

 そこで今回は、いま注目を集める“固めのプリン”を楽しめるお店、そして自宅で過ごす時間が増えた今だからこそ楽しめる、お取り寄せのこだわりプリンをご紹介します。

◆「固めのプリン」はどこで食べられる?
 冒頭のおいしそうなプリンは、日本の一般的なプリンよりも固くどっしりとしていて、濃厚なことで知られるイタリアンプリンです。
 私はイタリアンプリンをこれまで知らなかったのですが、昔どこかで食べたような気がしてくるのが不思議です。

 そう、“固め”に仕上げたカスタードプリンはクラシックで、どこか懐かしい……。その一方で、新鮮な味わいも感じられる。そんなところが人気の理由のようです。

 では、いま人気の固めプリンはどこで食べられるのでしょうか?

 思いつくものとしては、レトロな喫茶店、洋食店、フレンチビストロ、イタリア料理店、カフェなどでしょうか。でも、今後はもっと気軽に、いろいろなお店で食べられるようになるかもしれません。

 飲食店情報サイト「ぐるなび」によると、東京都内の飲食店を対象にしたデータから、プリンの取扱店舗指数がここ2年で1.5倍に増えたことが明らかになったそうです。特に、食後のデザートとして自家製の“固めのプリン(カスタードプリン)”などを提供しているお店が、増えていることが分かりました。

◆食べに行きたい! 都内で固めのプリンがあるお店
■Le Petit Tonneau【虎ノ門】
「キャラメルプリン」 680円(税込)

 本格的フレンチビストロで食べられるキャラメルプリン。ほろ苦いキャラメルがたっぷりで、大人も楽しめるプリンです。

■キッチン さくらい【上野】
「クラシックカスタードプリン」 450円(税込)

 洋食屋さんの自家製カスタードプリンは懐かしくやさしい味わい。丁寧に作られたプリンを楽しみに通う常連さんもいるほどです。

■かもめのイタリアン【代々木】
「特製プリン(黒糖)」 500円(税抜)

 奥久慈卵を使用した濃厚で黒糖の風味豊かなプリン。季節によりカボチャやアールグレイなどのバリエーションも楽しめます。

■BERTH ONE【浜松町】
「クラシックプリン」 600円(税抜)

 しっかりとした食感の楽しめるクラシックなプリン。プリンアラモードもあります。

■神南軒【渋谷】
「こだわり卵の濃厚プリン」 580円(税抜)

 コクと濃厚さが強いことが特徴の、愛知県にある契約農家で産まれた赤玉卵を使用しています。トロっとした舌ざわりが楽しめます。

 みるからに味が濃厚そうで、どれもおいしそう。こちらは都内のお店でいただける固めプリンでしたが、次はお取り寄せできる全国津々浦々のこだわりプリンをご紹介します!

◆お取り寄せできる、全国のこだわりプリン
■有機プリン 4個入【北海道】
「北海道ドルチェ」 7,000円(税込)

 興部町ノースプレインファームの有機牛乳を有機鶏卵、有機砂糖と合わせじっくりと焼き上げられています。自然が生み出した素材が持つ本来の味、自然のやさしさを感じることができます。

■江戸流行婦凛(とうきょうはやりぷりん) 6個入【東京都】
「江戸流行婦凛」 3,240円(税込)

 独自の配合と、じっくり低温で蒸し焼きにすることで、濃厚かつ、とろけるようななめらかな舌触りに。上層はなめらかな風合い、下層はぷるんとした食感の2層プリンになっています。

■はにわプリン 4個入【大阪府】
「天ぷら 海ごこち 深井店」3,240円(税込)

 個性的なデザインの埴輪の容器を使い、卵をふんだんに使用することで風味豊かなプリンに仕上げています。じっくり熱を通すことでなめらかな舌触りも特徴です。

■龍のたまごの手作りプリン 6個入【大阪府】
「鉄板料理工房」Buon’Agio 3,380円(税込)

 大分県速見郡日出町の農場から届く赤鶏の卵を使った濃厚焼きプリン。卵本来の味が感じられるよう、余計なものは使わず極々シンプルに仕上げたプリンです。

■神戸魔法の壷プリン® 4個入【兵庫県】
「神戸フランツ」1,590円(税込)

 可愛い素焼きの壷に入ったとろとろプリンは、まさにすくって食べるような魔法の食感。カスタードが濃厚なとろ〜りとろけるプリンの上には、ふんわり甘いクリーム。
 
 お取り寄せプリンは、現役秘書が選んだ「接待の手土産」より。こちらでは、とろけるプリンも紹介されていますね。家族や友人、恋人と一緒にいろいろ食べてみて、「“固めのプリン”と“とろけるプリン”、どっちが好き?」なんて話しながら味わうのも楽しそうです。

 日々の生活でストレスや疲れを感じたら、流行スイーツのプリンを食べて、ちょっと息抜きしてみてはいかがでしょうか。

<文/女子SPA!編集部>