レッドブルF1が東京の公道を走行へ。F1開幕直前の3月9日、レッドブル&ホンダのイベント開催が決定

レッドブルF1が東京の公道を走行へ。F1開幕直前の3月9日、レッドブル&ホンダのイベント開催が決定

 3月9日(土)にホンダウエルカムプラザ青山で「2019 Honda F1 キックオフミーティング」、明治神宮外苑いちょう並木で「Red Bull Showrun Tokyo」が開催されることになった。この日の東京は、翌週に控えたF1開幕戦オーストラリアGPに向け、一気に盛り上がりを見せていくこととなる。

 ホンダは今季から、レッドブルとトロロッソにパワーユニットを供給することになった。ホンダと、レッドブル・グループによる、強力タッグの幕開けである。

 そのちょうど1週間前となる3月9日(土)、東京でふたつのF1イベントが実施されることになった。

 ひとつは、ホンダウエルカムプラザで12:30から行われる「2019 Honda F1 キックオフミーティング」だ。このイベントには、レッドブル・レーシングとスクーデリア・トロロッソの全ドライバーとチーム代表、そしてレッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコ、さらにはホンダの山本雅史モータースポーツ部部長と田辺豊治F1テクニカルディレクターが出席。いよいよ幕を開ける2019年シーズンに向けた意気込みを語る。

 このイベントには、抽選でファン200名を招待。また当日先着400名も会場に入場することができるという。抽選のエントリーは、ホンダの特設サイトで受け付ける。また当イベントと、その直前に行われる記者会見(10:30〜)はYouTube等でもライブ配信が行われるという。

 この「2019 Honda F1 キックオフミーティング」終了後14:00からは、場所を明治神宮外苑いちょう並木に変え、「Red Bull Show Run Tokyo」が開催。マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーがF1マシンに乗り込み、2台のマシンでデモランを披露する。

 日本でのレッドブルのショーランは、2011年に横浜の元町と幕張海浜公園で行われて以来のこと。また、F1マシン2台が公道を走るイベントは、日本初開催である。

 観覧は無料ながら、優先観覧エリアは事前申し込み制。フリー観覧エリアは人数制限が行われる可能性もある。観覧方法の詳細はレッドブルのホームページでアナウンスされる。また、2月26日(火)〜3月3日(日)の期間中、Twitter上で「RedBull モータースポーツ」のアカウントをフォローし、当該のツイートをリツイートすると、抽選で5組10名をショーランVIPエリアに招待するというキャンペーンも展開されるという。

 2019年のF1シーズン開幕を一週間後に控え、東京でF1マシンのサウンドがこだまし、戦士たちが意気込みを語る……興奮の1日となりそうだ。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索