中嶋悟・一貴、久々に“親子共演”。ル・マン連覇をファンの前で祝福

中嶋悟・一貴、久々に“親子共演”。ル・マン連覇をファンの前で祝福


 スーパーフォーミュラ第4戦富士が行われている富士スピードウェイで、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)とTCS NAKAJIMA RACINGの中嶋悟総監督が久しぶりに共演し、トークショーを行なった。

 先月の2019ル・マン24時間レースで総合2連覇を達成し、日本人として初めて中嶋一貴がWECワールドチャンピオンに輝いた。さらに6月末に行われたF1オーストリアGPでレッドブルのマックス・フェスルタッペンが優勝。ホンダが13年ぶりにF1で勝利を挙げる快挙を成し遂げた。

 これを記念し、スーパーフォーミュラをプロモートする日本レースプロモーションが「優勝記念トーク」を企画。ル・マン2連覇を成し遂げ、今年もスーパーフォーミュラに参戦する“息子"中嶋一貴と、日本人初のフルタイムF1ドライバーとして活躍した経験を持つ“父”中嶋悟総監督による『世界の舞台で活躍した中嶋親子の共演』が実現した。

 WECのTOYOTA GAZOO Racingのウェアを来てポディウムに姿を表した中嶋一貴。ル・マン連覇については“精一杯、やることをやりきっての勝利”だったと振り帰った。ただ、世界チャンピオンに輝いたということについては、「実感はあまりない」としながらも、タイトルを獲得できてホッとしたとコメントした。

 また今回息子である一貴がル・マン連覇とWECチャンピオンを獲得したことについて、自身も過去にル・マン参戦を持つ中嶋総監督も、息子の快挙に喜びの顔をみせた。

「まずはチャンピオンというのは、僕自身の夢でもありました。なので彼(一貴)が成し遂げてくれて凄く嬉しいですね」

「それからル・マンですけど、あの頃はとても優勝を狙えるものではなかったですからね」と中嶋総監督は自身がル・マン24時間レースに挑戦した1985年当時のことを振り返った。

 中嶋総監督は第2期ホンダF1活動時代に日本人として初めてフル参戦ドライバーとして参戦。その初年度となった1987年イギリスGPでは4位入賞を飾るなど、今でもファンの間で語り継がれるようなレースを繰り広げてきた。

 先日行われたF1オーストリアGPでは、ホンダにとって13年ぶりの優勝がなされたが、こうしたホンダの現在のF1について尋ねられた中嶋総監督は、「強いホンダのF1が戻りつつあるように感じられる」語った。

 さらに10月に行われる日本GPについては「また日本人が乗ってくれたら(F1日本GPも)もっと盛り上がるんじゃないかと思います」と日本人F1ドライバー誕生にも期待を寄せた。


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索