今季苦戦が続くベッテル。しかし「2014年とは大違い」と復活を確信

今季苦戦が続くベッテル。しかし「2014年とは大違い」と復活を確信

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、今季苦戦が続いている。ここまで未勝利。しかもチーム新加入のシャルル・ルクレールの活躍により、ランキングでも3ポイント差まで迫られている。しかしベッテルは、同じ様に新加入のチームメイトに対して苦しんだ2014年とは、状況は大きく異なると考えている。

 2014年、当時レッドブルに在籍していたベッテルは、この年から登場したルノー製のパワーユニットの不振もあって苦戦。シーズン未勝利に終わり、新加入のチームメイトであるダニエル・リカルドにも敗れることになった。

 そしてシーズン末にベッテルはレッドブルを離れることを決め、フェルナンド・アロンソが抜けるフェラーリに移籍した。

 今シーズンのベッテルも苦戦中。そしてやはり新加入してきたチームメイト、ルクレールの躍進に苦しめられている。

 今季の苛立ちは、2014年に感じたモノと似ているかと尋ねられたベッテルは、「物事はそれほど悪くない」とmotorsport.comに対して答えた。

「いや、そうではないよ」

 そうベッテルは語った。

「第一にそれはとても昔のことだし、第二に現在とは大きく異なっている」

「フラストレーションについて話すなら、それはあちこちにある。でも、最終結果を手にできていないというだけなんだ」

「これまでのレースに関して言えば、それは違った結果になったかもしれない。だから公平に考えるべきだし、ある特定のラップ(例えばレッドブルのマックス・フェルスタッペンに追突したイギリスGPなど)で判断すべきじゃない」

「それ(フェルスタッペンとのクラッシュ)は起きてしまったけど、それまでの周回はかなり強かった。6番グリッドからスタートしたけど、偶然じゃなく、自分自身の力で3番手を手にしていたんだ」

「セーフティカーは確かに助けにはなった。でも、最初のスティントでは、他の人たちとは違うことをして、それがうまくいったんだ」

「他のレースも同じように、違う結果になっていた可能性もある。だから、それほど心配していない。でも、本来ならば日曜日にもっと良い結果を手にできることを僕は知っている。ドイツGPを楽しみにしているよ」

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、ベッテルが現在の苦境から立ち直るために必要なモノを持っていると確信している。

「僕は、彼が立ち直ってくると強く信じている」

 そうハミルトンは語った。

「テニスでも、偉大なプレイヤーを見てきた。彼も、そんな存在のひとりだ。彼にとって今日は難しいレースだったけど、彼は4回もチャンピオンになったドライバーだ」

「復活してくるはずだ。そして、自分が必要であると感じるなら、彼は自分自身を取り戻す。そして次のレースで強くなって戻ってくるだろう。それが偉大なアスリートがすることだ」


関連記事

motorsport.com 日本版の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索