MotoGPに参戦するヤマハは、2019年シーズンに2勝を挙げ、コンストラクターズランキング2位を獲得。苦戦にあえいだ2018年シーズンから獲得ポイントも大きく増加(281→321)するなど、調子は上向きつつある。

 その2019年、ヤマハは改善を果たす足すべく組織の変更に着手していた。鷲見崇宏氏が新たにモトGPグループのグループリーダー(以下GL)に就任し、タイトル獲得から遠ざかっている状況を覆そうと奮闘してきた。

 2019年末、鷲見GLは2019年シーズンのマシン開発を振り返って取材に応じた。motorsport.comでは、ヤマハがMotoGP2019年シーズンをどう戦ってきたのかを鷲見GLに尋ねた。その模様を3回に渡ってお伝えするが、第1回となる今回は、ヤマハがマシン開発で目指した点について訊いた。