2020年2月11日(火)、フェラーリは2020年用の新車『SF1000』を公開した。

 昨シーズンのフェラーリは、マシン設計において空気抵抗を減らす方向に舵をとり、高速サーキットではライバルを上回る強さを示していた。しかしその代償としてダウンフォースが要求されるサーキットでは苦戦することとなった。

 フェラーリチーム代表のマッティア・ビノットは、発表の場で2020年用マシンの設計では昨年とは“違う”道を選んだと語っている。

「確かに、(2020年の)レギュレーションは変化が少ないから、マシンを大きく変貌させることは難しい」と、ビノットは言う。

「(開発の)スタート地点は昨年のマシン、SF90だ。しかし可能な限り全てのコンセプトで(SF90からは)かけ離れたものになっている」

「我々は空力パフォーマンス、そしてダウンフォースレベルの最大化を試みている。そのため、モノコック、パワーユニットのレイアウト、ギヤボックスといったマシン全体がよりスリムにパッケージングされている。それが目に見えると思う」

 またフェラーリは2020年マシンの開発において、空力以外にも、サスペンションとパワーユニットの開発へ力を入れているという。

「我々は全てのコンポーネントに取り組んでいる。サスペンションはレーストラックにいる際により素晴らしく順応性を持つように設計されている。つまりドライバーやサーキットに合うように調整できるんだ」

 ビノットはそう語る。

「軽量化にも多くの努力を注いだ。パワーユニット開発はパッケージングだけではなく、オイル消費量を半減させるといった、テクニカルレギュレーションの変化に上手く対処すべく多くのことに取り組んだ」

「新型マシンは昨年のものと非常に似ているように見えるだろうが、私は昨年とは全く違うマシンだと考えている。マシンの多くのコンポーネントは大きく変わっているんだ」

 2020年でフェラーリ6年目のシーズンを迎えるセバスチャン・ベッテルは、この新型マシンについて、昨年のSF90と比べて“信じられないほどの成果”があったと表現している。

「少し前にマシンを見て、昨年型と直接比較する機会があったんだ。特にパッケージングについては本当に違うことに気がついたよ」

「マシン後部は全てがとてもタイトに収まっている。それは簡単じゃないことで、たくさんの努力があって成し遂げられた。それを達成できる、賢い解決策を見つけたんだ」

「このマシンで走るのが待ちきれない。言うまでもなく見るだけより、もっとエキサイティングだろうからね!」