ルノーは2月12日、2020年シーズンを戦うF1マシン『R.S.20』をパリで行なわれたイベントの中で”一部”公開した。

 2016年からワークス活動を再開したルノーは、2018年にコンストラクターズランキング4位を獲得した。ダニエル・リカルドを獲得した昨シーズンは、3強チームに肉薄することを目標としていたが、ポイント圏外に終わるレースも多く、結果的にコンストラクターズランキング5位と、成績を落としてしまった。

 そんなルノーは今季、リカルドの相棒にレーシングポイントなどで活躍したフランス人ドライバー、エステバン・オコンを迎え、躍進を誓う。2018年を最後にF1のレギュラーシートを失っていたオコンは昨年、メルセデスのリザーブドライバーを務めていた。

 今回一部のみが公開されたマシンのカラーリングを見ると、これまで以上に“黒”が強調されている。昨年のマシンはフロントノーズ全体が黄色となっていたが、R.S.20はフロントノーズを含めボディ全体が“黒ずくめ”のように見える。ただこれはテスト用のカラーリングであるようだ。

 チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、3強チームに次ぐ4番手のポジションを取り戻したいとして、次のようにコメントした。

「2020年は極めて重要な年になる。それはひとつの時代の終わりでもあり、ひとつの時代の始まりでもある」

「もちろん、昨年の結果を考慮すれば、我々の目標は現実的である必要がある。目指す位置は4番手であり、それは実現可能なものだと思っている」

「シーズン序盤から信頼性を維持しながら、シーズンを通して積極的に開発を行なっていきたい。そこに非現実的なものはない」