2020年シーズンのMotoGPには3名の新人選手が参戦する。アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)、ブラッド・ビンダー(KTM)、イケル・レクオナ(テック3・KTM)の3名だ。昨シーズンはファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)という逸材が出て世を驚かせたが、今年のルーキー勢からも“大化け”する可能性のあるライダーははたして登場するだろうか?

■最注目のアレックス・マルケスは“努力型”

 彼ら新人3人の中で最も注目を集めているのは、間違いなくアレックス・マルケスだ。MotoGPに君臨するマルク・マルケスの弟で、兄同様に小排気量、中排気量の年間総合優勝を獲得して最高峰クラスへ到達した。兄弟でホンダファクトリーのチームメイトになったことでも大いに注目を集めているが、目から鼻へ抜けるような天才型の兄と比較して、弟の方はどちらかというと一歩一歩地固めしながら成長していく努力型のような印象がある。

 新人選手たちはいずれもセパン公式テストに先立つ3日間のシェイクダウンテストから走り始めているため、今回のプレシーズンテストで合計6日間の走行を行なったことになる。シェイクダウンテスト3日間を経てレギュラーライダーと合流した初日の走行で、アレックスのタイムはトップから0.973秒差の13番手だった。

「今は、自分のライディングスタイルやラインを変えることに取り組んでいる。すべてのライダーから学ぶことができるので、コース上で他のライダーたちと走ることができるのが嬉しい。今は何パーセントの力を出せているのかわからないけど、思ったよりもうまく走れている」

 そう話す彼に、MotoGPの習熟で何を最も難しいと感じているか、と訊ねてみたところ、「やっぱり、タイヤだね」と朗らかに即答した。

「摩耗し始めてから先の、バイクの引き起こしやラインを変えていくことをもっと上手にやっていかなければならないけど、シェイクダウンテストからここまで、少しずつだけどしっかり上達してきているよ」

 アレックスは2日目には初日のタイムを0.25秒ほど詰め、最終日はさらに0.6秒詰めた。総合順位では18番手。ルーキー勢の最上位につけた。

「2日目に実施したタイムアタックではトップから0.6秒差だった。もっとリズムよく走れるようにならなければいけないし、やるべきこともたくさんあるけど、いい方向に進んでいて、日を重ねるたびに乗りやすくなってきた。次のカタールテストでも、とくに目先の目標を設定するのではなく、しっかりと準備を進めていきたい」