2月14日にニューマシン『AT01』を発表したアルファタウリ。トロロッソ時代の2018年から同チームにパワーユニットを供給しているホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、ホンダとアルファタウリのコンビがさらに一歩前進できると考えている。

 チームの公式サイトにて公開されたコメントの中で、田辺F1テクニカルディレクターは次のように語った。

「2020年はこのチームと共に戦う3年目のシーズンとなります。とても楽しみにしています」

「2017年の冬に彼らと仕事を始めた時、彼らが日本の働き方を理解しようとしてくれていることは、ホンダの誰の目にも明らかでした。それは真のパートナーシップであり、2018年シーズンから結果を残しはじめました。特に昨年はトロロッソとして、ここ10年で最高の成績でした。ハイライトは何と言ってもドイツGPでの3位とブラジルGPでの2位でしょう」

「これらの結果は、シャシー、空力、そしてパワーユニットの改善によってもたらされました。これは我々(ホンダとアルファタウリ)が素晴らしい関係を築いていることも影響していて、全ての問題を学びの機会とし、全ての成功を共に分かち合いました」

「昨年は2チーム供給となったこともあり、レッドブル・テクノロジーと提携し、開発スピードを上げることができました。この取り組みは今シーズンも引き継がれます。日本のHRD Sakuraの人間と、イギリスのミルトンキーンズの人間が、パワーユニットの出力を上げるために懸命に働いています。パワーは信頼性あってのものですが、今年は過去最多の22レースが予定されているため、簡単ではありません」

「パワーユニットに関するレギュレーションは、昨年からほとんど変わっていません。したがって、2019年の4台のマシンから得た経験を元に開発を進めることができました。我々の目標は昨年以上の成績を残すことですし、一歩前進することができると思っています。スクーデリア・アルファタウリという新しい名称は人々の関心を引くと思いますが、我々は変わらず全員が同じファイティング・スピリットを持っているのです」

 ホンダと組む3年目のシーズンで、創設以来最高成績を目指すアルファタウリ。F1プレシーズンテストは、2月19日からスペインのカタルニア・サーキットで行なわれる。