メルセデスは、ドライバーがステアリングを押し引きしてフロントホイールのトー角をコントロールする革新的なコンセプト、DAS(二重軸ステアリング)を導入した。この存在が明らかになると、テスト中の話題の中心となった。

 エステバン・オコンは、メルセデスのリザーブ&シミュレータドライバーとして2019年を過ごし、今季からはルノーのレギュラードライバーとしてF1を戦うことになっている。

 オコンはルノーとの契約を結んだ後、昨年末頃にはファクトリーに立ち入ることが許されていなかったという。

 そのオコンは、DASのシステムについて、何も知らされていなかったと認める。

「聞いてよ、僕は知らなかった。知らなかったと誓うよ!」

 そうオコンはDASについて語った。

「彼らはとても賢くて、システムの効果を見せてくれなかった。あるいは、非常に遅い段階で思いつき、僕がチームを去ることになってから開発を始めたのかもしれない」

「僕はシーズン終了後に、ファクトリーに戻ることは許されなかった。だから、シミュレータもできなかったんだ」

「でも、僕が去った後、年末にシステムを思いついた可能性が高いと思う」

 昨年は同チームのシミュレータ作業を担当していたオコンは、メルセデスはDASを事前にシミュレータで試したはずだと推測する。

「間違いなく、シミュレータでテストしたはずだ。全てのパーツが、コース上を走る前にそこでテストされるんだからね」