MotoGP2020年シーズンは、新型コロナウイルスの影響を受けてグランプリ延期が続出。第2戦タイ〜第4戦アルゼンチンはシーズン後半に行なわれることとなり、MotoGPは5月初旬のスペインGPまでレースが行なわれる予定はなくなった。

 そのスペインGPから始まり、フランスGPやイタリアGPと続くヨーロッパラウンドについても開催できるかは不透明な状況だ。

 MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツは、こうした空白期間を埋めるために、公式ゲームの“MotoGP 19”を使用した、現実のスター選手が参加するバーチャルレースの創設を発表した。

 この企画には現MotoGPチャンピオンのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)をはじめとして、ヤマハのバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスや、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、アレックス・リンス(スズキ)といったトップライダーたちが参加するようだ。

 レース形式は、まずグリッドを決するための5分間の予選があり、その後6周の決勝レースが行なわれるというものだ。

 このイベントは日本時間で3月30日(月)の0時に行なわれる予定で、MotoGP.comやYoutubeなど様々なネットワークで配信される。

 このイベントが1回きりなのか、それとも定期的なイベントとなるかは現時点では不明だ。またドルナは自身のeスポーツシリーズのスター選手が含まれるかは明らかにしていない。

 世界中でモータースポーツの延期が続いているが、こうしたバーチャルレースを活用したイベントはF1が既に実施しており、インディーカー・シリーズ、NASCARなども同様の動きを見せている。