新型コロナウイルスの感染がアメリカで急速に拡がっていることを受けて、インディカーはインディアナポリスのロードコースで行なわれるインディアナポリスG Pを7月4日に、第104回インディ500の開催を8月23日に変更することを発表した。

 インディ500は、伝統的にアメリカの「戦没将兵追悼記念日」(メモリアルデー)がある週末、5月下旬に開催されてきた。今年のインディ500は5月24日に決勝レースが行なわれ、その2週間前である5月9日にインディGPが開催される予定となっていた。

 しかしアメリカでは、新型コロナウイルスの感染が急拡大しており、全米の少なくとも26州が、屋内待避令などの感染拡大を抑えるための緊急措置を採っている。

 インディアナポリス・モーター・スピードウェイおよびインディカーシリーズのオーナーであるロジャー・ペンスキーは、次のように語った。

「我々のファンと同じように、インディ500のスケジュールを変更しなければならなかったことを残念に思っている」

「しかしながら、イベント参加者と観客の健康と安全は我々の最優先事項であり、イベントの延期は我々が直面している状況において、責任ある決定であると我々は信じている」

「今後数ヵ月の間、顧客体験を向上させられるよう引き続き注力していく。世界最高のレースを開催する時、ファンに歓迎してもらえると私は確信している」

 スケジュール変更の結果として、元々8月16日に開催が予定されていたミッドオハイオ戦、8月22日に予定されていたゲートウェイ戦、9月6日に開催予定だったポートランド戦の日程も調整されることとなった。

 新たな開催スケジュールは以下の通りだ。

5月30日 - デトロイト レース1
5月31日 - デトロイト レース2
6月6日 - テキサス
6月21日 - ロード・アメリカ
6月27日 - リッチモンド
7月4日 - インディアナポリスGP
7月12日 - トロント
7月18日 - アイオワ
8月9日 - ミッドオハイオ
8月23日 - インディ500
8月30日 - ゲートウェイ
9月13日 - ポートランド
9月20日 - ラグナセカ

 また、シーズン開幕戦として開催される予定だったものの延期となっていたセントピーターズバーグは、シーズン最終戦として開催される可能性が浮上しているようだ。

 ペンスキー・エンターテイメントのCEOであるマーク・マイルズは、次のように付け加えた。

「これまではメモリアルデーの週末に、国のために戦い、犠牲となった人々を称える機会をインディ500のファンに提供してきた。今年の8月は、新型コロナウイルスとの戦いの最前線で活躍する医師や看護師、州軍を称えるユニークで強力な機会となる」

「我々はこの状況を耐えているファンに感謝している。この新しいスケジュールでの放送を実現するために、勤勉な仕事をしてくれた素晴らしいパートナー、NBCにも感謝している」