ホンダは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、”ステイホーム”が求められている時間に楽しむことができるコンテンツ「Virtual Motorsports Land」をホームページ上で公開した。

 この「Virtual Motorsports Land」は、3つのゾーンに分けられている。

 ひとつ目は、「FAN ZONE」。ここには、ホンダのライダーやドライバーたちから、「ステイホーム」を呼びかけるメッセージを掲載。また、F1マシンなどの精巧なペーパークラフトや、ぬり絵などのコンテンツが用意されている。

「RACING ZONE」には、レースが中断されている期間中に開催される各カテゴリーのeスポーツレースの動画が掲載されている。

「HERITAGE ZONE」には、ホンダのモータースポーツの歴史やアーカイブコンテンツが掲載。これまでホンダが作ってきたモータースポーツ関連の動画や、レーシングマシンを多数収蔵するホンダ・コレクションホールのバーチャル・ツアーなどを楽しむことができるようになっている。

 これらのコンテンツは、今後随時追加されていくという。

 ホンダの「Virtual Motorsports Land」は、(https://www.honda.co.jp/motorsports/virtualmsland/)から誰でも無料でアクセスすることができる。