■5位:1969年イタリアGP……0.08秒(ジャッキー・スチュワートvsヨッヘン・リント)

 シケインが設置される前のモンツァ・サーキットでは、しばしば超高速のスリップストリーム合戦が繰り広げられ、何度か僅差のフィニッシュが見られた。1969年のイタリアGPでは、ジャッキー・スチュワート(マトラ)、ヨッヘン・リント(ロータス)、ジャン-ピエール・ベルトワーズ(マトラ)、ブルース・マクラーレン(マクラーレン)による4台の争いとなった。結果的に優勝したスチュワートとリントの差は0.08秒。3位ベルトワーズも首位と0.17秒差、4位マクラーレンも首位と0.19秒差という稀に見る大接戦となった。