アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーが天に召された1994年のサンマリノGP。F1サーカスは、翌年も同地イモラ・サーキットに戻ってきた。

 レース前にはセナとラッツェンバーガーに対して、1分間の黙祷が捧げられた。ドライバーたちはマシンに乗り込む前に、沈痛な面持ちで円陣を組み、ふたりを追悼。そしてスタートラインとトサコーナーの間には、ふたつのシケインが設けられた。そのうちのひとつは、セナが亡くなったタンブレロに置かれた。

 94年のレースに勝利したミハエル・シューマッハー(ベネトン)がポールポジションを獲得。しかし、フェラーリのゲルハルト・ベルガーは、予選タイムで0.008秒差と肉薄し、2番グリッドにつけた。

「ここではウイリアムズと同様に、フェラーリをも警戒しなければいけないだろう」

 シューマッハーはレース前にそう警戒感を示した。当時のフェラーリは、暗黒時代から脱しつつある状況で、徐々に速さを身に付けていた。

 3番グリッドにはウイリアムズのデビッド・クルサードがつけ、チームメイトのデイモン・ヒルは4番手。彼はセナが亡くなった当時、チームメイトを務めていた。

「4番グリッドというのは良い順位じゃないけど、明日は追い上げるよ」

 ヒルはそう語っていた。

 5番グリッドにつけたのはフェラーリのジャン・アレジ。予選順位こそこのポジションだったが、日曜日の午前中に行なわれたウォームアップセッションではトップタイムをマークしており、不気味な存在と言えた。

 レースは若干湿ったコンディションで始まり、ウエットタイヤを履いたシューマッハーが、ベルガーとウイリアムズの2台を抑え、ホールショットを奪った。

 なおこのレースでは、マクラーレンからナイジェル・マンセルが復帰していた。マンセルは1995年シーズンからフル参戦復帰を決めていたが、当初はシャシーのサイズが身体に合わず……チームはモノコックを作り直すことになった。そのため、新モノコックが完成したこのサンマリノGPからの復帰であった。ただ予選は、チームメイトのミカ・ハッキネンから1秒以上遅い9番手だった。

 そのマンセルは、スリックタイヤでのスタートを選んだ。他のスリックタイヤを選択したドライバー同様、マンセルも1周目は大いに苦労したが、すぐにコースは乾き、ウエットタイヤスタート勢はすぐピットに戻ることになった。

 ベルガーは5周目にピットイン。しかしクラッチを引きずってしまい、再スタートするのに手こずることになった。