新型コロナウイルスの蔓延を受けた緊急事態宣言に伴う外出自粛により、2020年のモータースポーツは開幕が延期されたままだ。この間、リアルなイベントの代替として注目されたのが、バーチャルレースだった。バーチャルレースは、実際に人間が集合することなくインターネットを介してレースができるので、まさに自粛生活に適していた。サーキットを走れず時間を持て余していた国内外のリアルレーシングドライバーたちが続々とバーチャルレースに参入、一気にリアルとバーチャルの垣根は低くなった。新しい時代が訪れそうな予感がする。

 リアルレースのファンにはまだ馴染みが薄いかもしれないが、バーチャルレースの世界にはすでに世界的にも名前が通用するスター選手がいる。有名なのは2018年度FIAグランツーリスモ選手権の世界チャンピオンとなったブラジル選手、イゴール・フラガだ。彼はリアルレース界でも注目されており、今年はレッドブル・ジュニアチームに抜擢されてFIA-F3選手権を戦う予定だった。

 日本にも世界レベルで戦う有力選手がいる。今回は、その中から山中智瑛と宮園拓真を紹介しよう。1993年生まれ26歳の山中は、フラガに「尊敬する選手の1人」と言わしめた日本選手勢の代表格。一方宮園は今年オーストラリアで開催されたFIAグランツーリスモ選手権ネイションズカップで日本選手として初めて優勝を飾った、今年20歳になる新進気鋭である。

 山中は5歳の時にグランツーリスモを始めたという。リアルレーサーがレーシングカートに触れるような年代である。

「中学生の時にオンライン対戦ができるようになり、全世界のプレーヤーと競い合えるようになったことがキッカケでのめりこみました。当初はどんなに頑張っても1周3秒遅いタイムしか出すことができず、あまりにも悔しかったので本格的に速く走ることを追求し始め、約1年続けた結果、国内ではトップ10には入ることができるようになり、大学1年生の時には初めてアジア大会に出場しました」

 まさに若いリアルレーサーが世界に触れ、自分を高めていく過程に重なる話だ。一方、宮園も幼稚園の頃にグランツーリスモを始めているが、本格的に取り組んだのは現行グランツーリスモSPORTでワールドツアーが開催されることを知った2018年3月、つい2年前のことだという。

「海外(特にヨーロッパ)に行くことが夢だったので、ここで頑張れば手が届くかもしれないと思い、オンラインシーズンに出場し始めたのがきっかけです。大学入学試験の関係で、他の選手と比べて始めた時期が遅かったこと、オンラインで対人レースをした経験がほとんどなく、バトルの駆け引き等の技術が全くなかったことなどで苦労しました。速さの面に関しては数ヵ月でかなり成長できましたが、バトルに関してはある程度上手になるまでは1年半以上かかったように感じますし、まだまだ他の選手と比較しても足りないと思います」

 本格的に活動するのが遅かったにもかかわらず宮園はわずか2年のうちにめきめきと実力を伸ばし、今や世界のトップを争うまでになった。山中は宮園について「天賦の才能を持っている」とまで評する。しかし世界と戦う過程でバトル経験の不足を感じるなど、若いリアルレーサーが世界に触れて戸惑うのと同様の経験をしているのが興味深い。