メルセデスの2020年用マシンW11は、サイドポッドのデザイン変更や革新的な新デバイス”DAS(二重軸ステアリング)”などが注目されてきた。しかし、さらにパフォーマンスを向上させるため、チームは他にも積極的な開発を行なってきた。

 プレシーズンテスト後半3日間では、各チームはマシンの信頼性チェックを終了させ、パフォーマンスの確認およびそれに関するアップデート作業に移行。このメルセデスの”努力”も、そこで明らかになったモノだ。

 メルセデスは2回目のテストで、リヤウイングのステーをそれまでの2本から1本へと変更した。非常に頑強に作られたように見えるこのステーは、ウイングのメインプレーン下に取り付けられているだけではなく、DRSのアクチュエーター部分まで結合。これにより、リヤウイング中央部分の形状を整理することができ、空力面でも大きな効果があるはずだ。