MotoGPに参戦するマルク・マルケスは、2020年2月にホンダ・レーシングとの契約更新を発表。2024年までの4年契約を新たに結んだ。

 マルケスが早期にホンダとの契約を結んだことは、彼に関心を持っていた他メーカーに獲得のチャンスが無くなったことを意味している。他メーカーとは、具体的にはKTMとドゥカティであり、ドゥカティはマルケスに接触もしていたようだ。

「ドゥカティから情報を求められたけど、ホンダのプロジェクトはスポーツの観点からはベストな物だった」と、マルケスはSky MotoGPに語った。

 いずれにしろ、マルケスはホンダからのオファーを優先。その他のメーカーに移籍し、”空気を入れ替える”という選択肢は排除していた。

「僕らは話し合いを初めて、それが誰にとっても良いプロジェクトであることが分かった。このスポーツでホンダ以上のオファーを出してきたチームは無かったし、ホンダは僕を信じてくれた」

「この契約は4年間。史上初めてのことで、このアイデアはホンダが出したものだった。この契約が正しかったかどうかは、契約が終わったときに分かるだろう」

 この契約が満了すた時、マルケスは31歳となっている。以降もホンダと共に歩むのか、それとも他メーカーに移るのかは興味深いところだが、マルケスは現時点ではそのことについてはあまり考えていないと話した。

「僕は今27歳で、4年間の契約がある。他メーカーのバイクでも勝たなくちゃいけないと誰かが言うのを聞いたことがあるけど、僕は心からの決断をした。彼らは僕にMoto2に乗るチャンスを、そして(最高峰クラスに)昇格して勝つチャンスを与えてくれた。だから現時点では“ノー”と言うけど、先のことは決して分からない」