6月25日、KTMは2021年シーズンのライダーラインアップを発表。ファクトリーチームのポル・エスパルガロが離脱してその後任にミゲル・オリベイラが昇格、ダニーロ・ペトルッチがテック3・KTMへと加入することが明かされた。

 また、今季からテック3に加入したイケル・レクオナも契約を延長。ペトルッチとレクオナは共にKTMとのファクトリー契約を結んでおり、いずれもフルサポートを受ける予定となっている。

 当初、エスパルガロの後任にはペトルッチが起用されると考えられていたため、この決定は驚きを持って迎えられた。

 しかしテック3のエルベ・ポンシャラル代表は世間の見方とは違い、そこに問題は存在しないと言う。KTMのマネージメント側は4人のライダー全員に対し、開発面は能力主義であることを約束しているとポンシャラル代表は語った。

「ダニーロを、そしてミゲルをどこに配置するか、どうチームを作るか……これは難しい決断で、KTMのモータースポーツ・ディレクターであるピット・ベイラーによる決定だった。KTMのチームマネージャーであるマイク・レイトナー、そして私もそこには関与していた」

 ポンシャラルはMotoGP.comに対しそう語っている。

「ダニーロと我々(テック3)が共にいるという事実は、KTMがファクトリーチーム/サテライトチームといった運営をしていないという事実を強調していると思う。我々には4人のファクトリーライダーがいるんだ」

「もちろん我々はふたつの別々のチームだ。だがKTMからの4人のライダーへのサポートは全く同じなんだ」

「こういった時、しばしば信じられなかったりする。しかし非常に経験豊富なMotoGPライダーがテック3に加入しているという事実こそが、KTMは全員に同じサポートを与えていることを表している」

「ベイラーは私にこう言った。『開発したパーツがひとつあった場合、それが最上位のKTMライダーのところに行くのは明らかだ』とね」

 なお2020年のMotoGPは新型コロナウイルスの経済的な影響も考慮され、開発が一部凍結されている。特にエンジン開発と空力開発が凍結されているため、2021年も同じ物を使用することになる。

 優遇措置が適用されているKTMとアプリリアについても、通常なら自由に行なえるエンジン開発が6月末までしか許されておらず、その後のアップグレードは来季まで待たなければならない。