新型コロナウイルスにより、大きくスケジュールが変更されたF1。現在のところ、オーストリアで開催される2連戦を含めたヨーロッパでの8レースの開催が発表されている。

 F1のチェイス・キャリーCEOは少なくとも15レース以上のカレンダーにしたいと一貫して語っているが、これまでのところヨーロッパ外でのグランプリ開催は発表できていない。

 マクラーレンのチーム代表であるザク・ブラウンは、シーズンが中断されていた間、チームは財政的に非常に困難な状態だったと語り、レース数への懸念を口にした。

「多くのチームにとって非常に困難だった。我々自身も色々なことを経験した」

 ブラウンはそうF1公式ポッドキャストで話した。

「我々がレースをすることに注意が及んでいると思うが、我々が希望しているような数のレースが開催される保証はないと思う」

「そうしたいとは思うが、通常通りにレースが開催できるわけではない。我々はルールに従い、非常に慎重に保守的でなければならない」

「言うまでもなく、レースに戻れることに興奮している。スポーツは、世界を癒やす素晴らしい”ヒーラー”なんだ。TVの視聴率は非常に良い。これまでは、リプレイしか見ることができなかったからね!」

「慎重に、確実に今年を乗り切る必要があると思う。この3〜4ヵ月で我々が良い仕事をできたのなら、みんなが生き残ることができる。それでも、まだやるべきことはある」

 ブラウンは、シーズン中断中に2021年から導入される予算制限がより厳しくなったことは、F1にとって素晴らしいことだったと話した。

「私は結果に満足している。今、このスポーツははるかに持続可能になっていると思うし、より激しい戦いができるだろう。そして最終的に、ファンがこの”コロナシーズン”と長いオフシーズンの勝者になるはずだ」

「そして、ファンの勝利はスポーツの勝利になると思う。なぜならファンが増え、ファンが若くなれば、テレビの視聴率が上がる。スポンサーパートナーやグランプリ参加を希望する国も増えるんだ」

「簡単ではなかった。全員が常に同じページにいたわけではなかったが、非常に良いところに着地したと思う」

 マクラーレンは、ハースやアルファロメオ、ウイリアムズと並び、事前テストを実施せずに開幕戦に臨むチームだ。ブラウンは、テストをしていないことでドライバーのカルロス・サインツJr.とランド・ノリスが不利になるようなことはないと考えている。

「私は彼らとカートをしたし、彼らはF3のマシンでも走っている」

「彼らは素晴らしいアスリートだ。あのレベルにいれば、どちらも5ラップ走ればカンを取り戻せると思う」