スバルと同社のモータースポーツを統括するスバルテクニカインターナショナル(STI)は、9月24日〜27日に開催が予定されている2020ニュルブクリンク24時間レースへの参戦を見送ることを発表した。

 本来なら5月下旬に開催予定だった2020年のニュル24時間レースだが、新型コロナウイルスの影響で9月に延期となった。しかし現状、世界的に感染が収束しているわけではなく、渡航制限などもある状況。STIもドライバーやパートナー企業、従業員を含む関係者の安全を確保した上で、万全な状態で臨むことが難しいと判断し、2020年大会の参戦を断念。2021年大会への参戦を目指していくとした。

 STI NBR CHALLENGEの指揮をとる辰巳英治総監督は公式サイトでコメントを発表。「この度の参戦断念の決定は、関係者の皆様に大きな落胆を与え、また我々も残念で悔しくてなりません。しかしながら、この期間を逆にチャンスと捉え、技術の向上、人材育成、SUBARU車、STIパーツの更なる進化のための時間、と考えていこうと思います。そして、『もっと運転が上手くなるクルマを!』、そんな力を蓄え、今後もファンの皆様のご期待に応えていきたいと思います。引き続きのご支援、ご声援をいただければ幸いです」とファンや関係者にメッセージを贈った。

 今年のニュル24時間レースに関してはTOYOTA GAZOO Racing、KONDO RACINGも当初は参戦を表明していたが、同様の理由で参戦を見送る決定をしている。