新型コロナウイルスの流行により、2020年は世界中のモータースポーツが中断されることになった。しかし7月からF1が開幕するなど、多くのモータースポーツが順次開幕・再開することとなっている。

 ホンダはいよいよ本格的に始まる2020年シーズンに向けて、動画『START YOUR ENGINES』を公開。再びレースができる喜びと開幕を前にした決意を表現した。

 この動画には、レッドブルのマックス・フェルスタッペン、アレクサンダー・アルボン、アルファタウリのダニール・クビアト、ピエール・ガスリーという4人のF1ドライバーの他、MotoGPからはレプソル・ホンダのマルク・マルケスとアレックス・マルケス、LCRホンダのカル・クラッチロー、中上貴晶が参加。さらにはスーパーGT、IGTC(インターコンチネンタル・GTチャレンジ)参戦中のベルトラン・バケットや、トライアル世界選手権に参戦中の藤波貴久など、ホンダを代表して世界の舞台で戦うトップドライバー・ライダーが“リモート”で集結した。

 動画の内容は、ドライバー・ライダーがそれぞれリモートで動画を撮影し、“START YOUR ENGINES”の掛け声の後、次の選手に自らのグローブなどをリレー形式で渡していく、というもの。世界的にも有名なこのスタートコールによって、待ちわびていたシーズン到来へのワクワク感が高まっていく……そんな内容となっている。

 なお、ホンダは『START YOUR ENGINES』の他にも、国内外のHondaドライバー・ライダーによるビデオメッセージを投稿している。こちらはホンダの公式サイト、またはホンダの公式YouTubeチャンネルから視聴できるので、合わせてチェックしていただきたい。