2020年シーズンのF1は新型コロナウイルスの影響で開幕が3月から7月に延期されたが、その間に2021年に向けた移籍市場は大きく動くこととなった。セバスチャン・ベッテルがフェラーリを離脱し、その後釜としてカルロス・サインツJr.が加入、そしてサインツJr.移籍によって空いたマクラーレンのシートは現ルノーのダニエル・リカルドが確保……2021年はドライバーラインアップが大きく変わることが確実視されている。

 この一連の動きは他のドライバーにも影響を与えることになるだろうが、それはジュニアカテゴリーを戦う若手ドライバーにも言えることだ。近い将来のF1昇格を目指す彼らにとって、シートが空かないことにはどうすることもできないからだ。

 それは特にフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)の面々に当てはまると言える。今季はF1直下のカテゴリーであるFIA F2にFDAから実に5人のドライバーが参戦することになっている。昨年も同カテゴリーを戦ったミック・シューマッハー、ジュリアーノ・アレジ、カラム・アイロットに加え、ロバート・シュバルツマン、マーカス・アームストロングがFIA F3からステップアップする。

 フェラーリは2018年からアルファロメオとパートナーシップを結んでおり、実質的なBチームとすることに成功している。これにより、アルファロメオ・ザウバー時代の2018年にシャルル・ルクレールのF1デビューを実現させ、2019年にはFDAのメンバーではないもののフェラーリの息がかかったアントニオ・ジョビナッツィをフル参戦デビューに導いた。

 2年前のFDAが目指していたのは、当時フェラーリに所属していたキミ・ライコネンの後釜を見つけることであった。それは2019年にルクレールが加入したことによって達成されたが、次は4度の世界王者であるベッテルの後任を擁立しなければいけなくなったのだ。

 仮にベッテルが2年の延長契約にサインし、2022年までチームに残っていれば、フェラーリはベッテルの後任を準備するための十分な時間が与えられていただろう。ジョビナッツィはアルファロメオで自身の才能を見せつける時間があっただろうし、それができなかった場合には新たな若手を昇格させてその実力をチェックすることもできただろう。

 しかし、ベッテルの今季限りでの離脱が決まったことで、状況はより複雑となった。ルクレールのパートナーとなる若くフレッシュな人材を求めていたフェラーリは、FDAの一員ではないサインツJr.と2021年からの2年契約を結んだのだ。

 今回フェラーリはベッテルの後任を決めるにあたって、ジュニアドライバー以外にも目を向けざるを得なかった。F1での経験があったのはジョビナッツィただひとりだったが、彼はアルファロメオでの1年目のシーズンが芳しくなく、ステップアップには時期尚早であると判断されたのだ。昇格が時期尚早であったことに関しては、ジョビナッツィ本人も認めている。

 実際、サインツJr.はジョビナッツィよりも1歳若く、フェラーリの求めていた条件と合致する。つまり、サインツJr.が新たな環境にうまく適応して契約延長を勝ち取ろうものなら、若手ドライバーたちのフェラーリ入りのチャンスはどんどんと限られていってしまう。