ツインリンクもてぎを運営する株式会社モビリティランドは、11月14〜15日に開催予定だった『2020年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 第52回MFJグランプリ スーパーバイクレースinもてぎ』の日程を10月17〜18日へと変更すると発表した。

 今季の全日本ロードレース選手権は新型コロナウイルスの影響によって開幕が延期。当初4月25〜26日に開催予定だったもてぎ大会は3月末の段階で11月へと開催延期が発表されていた。

 その後、10月第3週に同地で開催予定だったMotoGP日本GPの中止が決定。空いたこの週末に全日本ロードのもてぎ大会が移動する形となった。

 今回の日程変更について、モビリティランドは日本モーターサイクルスポーツ評議会(MFJ)との協議の結果だと説明している。なお前売りチケットの取り扱いについては今後公式ホームページで案内するとした。

 8月9日にはシーズン開幕をSUGOで迎える予定の全日本ロードだが、7月28〜30日には同地での公開テストが実施される予定だ。

 なお、例年夏に開催されている鈴鹿8時間耐久ロードレースは、10月30〜11月1日へと開催が延期されており、全日本ロードが全日程を終了した後に開催されることとなる。

【2020年全日本ロードレース選手権 改訂カレンダー(6月30日時点)】
第1戦:スポーツランドSUGO(8月9日〜10日)
第2戦:岡山国際サーキット(9月5日〜6日)
第3戦:オートポリス(9月19日〜20日)
第4戦:ツインリンクもてぎ(10月17日〜18日)