ルノーは6月30日、昨年に引き続きセルゲイ・シロトキンをリザーブドライバーとして起用することを発表した。

 現在24歳のシロトキンは、2017年にルノーのリザーブドライバーを務めると、翌2018年はウイリアムズの正ドライバーとしてF1に参戦。入賞1回を記録した。そして2019年は再びルノーのリザーブとしてレースウィークエンドに帯同していた。

 そしてルノーは2020年もシロトキンにリザーブドライバーを任せることを決定。開幕戦のオーストリアGPを皮切りに全戦帯同させることを認めた。

「リザーブドライバーとしてルノーに戻れたことは素晴らしいことだ。僕は2019年を通じてチームと一緒にいたので、彼らのことはよく知っている」とシロトキンは語った。

「特に世界が現在置かれている状況を考えると、何かあればすぐに出場できるドライバーを用意しておくのが重要であることはよく理解している」

「身体のキレと集中力は維持してきたので、またF1をドライブする準備はできている。ルノーのみんなに会えるのが楽しみだ」

 また、ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは次のようにコメントした。

「セルゲイを今年もチームに迎えられることを嬉しく思う」

「我々が現在置かれている状況を考えると、万が一の事態に備えて計画を立てておく必要がある」

「我々はセルゲイのことをよく知っているし、彼も同様にチームのことをよく知っている。今週末オーストリアでセルゲイを迎えられることを嬉しく思う」

 新型コロナウイルスが世界的に流行している中で、F1はシーズン開幕に向けて様々な対策を施してきたが、各チームは万が一ドライバーのいずれかが新型コロナウイルスに感染した場合に備え、リザーブドライバーを常に待機させることになる。

 シロトキンが最後にフルタイムでレースに参戦したのは、2018-2019年シーズンのWEC(世界耐久選手権)。今年3月には隔離措置を受けたクリスチャン・ルンガーの代役としてFIA F2のプレシーズンテストに参戦したが、今年参戦するカテゴリーは未定となっている。