2020年F1開幕戦オーストリアGPの金曜フリー走行1回目のセッションが行なわれた。トップタイムを記録したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)で、メルセデスのワンツー発進となった。

 新型コロナウイルスの影響で遅れていたF1も、いよいよ開幕。舞台となるレッドブルリンクはコース端にウエットパッチは残るものの走行ラインはドライ。気温17℃、路面温度22℃というコンディションの下、今季最初のセッションがスタートした。

 今季コースイン“1番乗り”はマクラーレンの2台。そこに各チームが続々とコースに入り、インスタレーションラップをこなした。その後は10分ほどコース上に走行するマシンのないままセッションが経過していった。

 その後ランド・ノリス(マクラーレン)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)らがコースに入り、ボッタスが1分7秒578、ノリスは1分8秒206を記録した。

 開始から20分が経過する頃に一部では雨が降り始めてしまった。その後出走したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はインターミディエイトタイヤで出走していたが、路面状況を確認するとすぐにピットへと戻った。

 その後はハースのロマン・グロージャンにブレーキペダルトラブルが見られたものの、他のドライバーは順調に走行。王者ハミルトンもタイムを計測し、1分6秒994でトップタイムとなった。なおグロージャンはセッション残り1分でなんとかマシンの修理が終わったことで、チェック用の走行をこなすことができた。

 開始から35分、メルセデス製パワーユニットを搭載するレーシングポイントのセルジオ・ペレスのマシンから白煙が発生。ペレスはタイムを記録すること無くピットに戻った。

 ここから徐々にタイムは縮まりだし、セッションを半分消化した頃にはダニエル・リカルド(ルノー)、カルロス・サインツJr(マクラーレン)、ハミルトン、ベッテルという並びとなった。

 また途中白煙を吹いていたペレスは再びコースに出ると、1分5秒889と一気にタイムを縮め、チームメイトのランス・ストロールと共にワンツーとなった。

 セッションは残り30分を目前とすると、メルセデスに動きがあった。ボッタスがソフトタイヤで出走し1分5秒486を記録してトップタイムを更新。その際にはメルセデスが新たに開発した新ステアリングシステムのDASを使用している姿も捉えられた。

 チームメイトのハミルトンもソフトタイヤで計測に向かい、1分4秒968と一気にタイムを更新。ボッタスを上回ってトップタイムとなった。

 メルセデスが速さを見せる中、ライバルのレッドブルはここまでハードタイヤメインでの大人しい走行に留まっていた。そして残り20分を切ったタイミングでようやくソフトタイヤを装着してコースへと向かった。

 まずはアルボンがアタックに入ろうとしたが、ここでホームストレート上に落ちたデブリ回収のためのバーチャルセーフティーカーが発動してしまった。そのためアルボンはその後改めて計測に入り、1分5秒701を記録して5番手となった。

 チームメイトのマックス・フェルスタッペンもそこから遅れずにコースイン。ただターン1でリヤを振ってしまいスピンを喫していた。その後フェルスタッペンは1分5秒418をマークし、メルセデス勢に次ぐ3番手につけた。

 残り10分、アルファタウリのダニール・クビアトが最終コーナーでスピン。後方を走っていたジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)とあわや接触という場面もあった。

 そこからタイムに目立った動きはないままセッション時間が終了。チャンピオンのハミルトンがトップタイム、ボッタスが2番手でメルセデスが順調な滑り出しを見せた。一方でトップチームの一角であるフェラーリはシャルル・ルクレールが10番手、ベッテル12番手と中位に留まった。

 中団チームではマクラーレンとレーシングポイントが好調さを見せた。サインツJr.がフェルスタッペンから僅差の4番手、ペレスが5番手、ノリスが6番手につけた。アルボンはその後ろ7番手だ。

 ホンダ製パワーユニットを搭載するアルファタウリはFP1ではピエール・ガスリーが16番手、ダニール・クビアトが19番手と低調な滑り出し。ただ彼らはソフトタイヤを使わずにミディアムタイヤメインの走行を行なっていた。